2.12.2.2. オプション

Camel Maven プラグインの validate ゴールは、以下のオプションをサポートします。これらのオプションは、コマンドラインから設定するか (-D 構文を使用)、<configuration> タグの pom.xml ファイルで定義します。

パラメーター

デフォルト値

説明

downloadVersion

true

インターネットからの Camel カタログバージョンのダウンロードを許可するかどうか。プロジェクトが使用する Camel バージョンと、このプラグインがデフォルトで使用する Camel バージョンが異なる場合にダウンロードが必要です。

failOnError

false

無効な Camel エンドポイントが見つかった場合に失敗するかどうか。デフォルトでは、WARN レベルでエラーがプラグインログに記録されます。

logUnparseable

false

解析不可のため検証できないエンドポイント URI をログに記録するかどうか。

includeJava

true

無効な Camel エンドポイントの検証対象となる Java ファイルを含めるかどうか。

includeXml

true

無効な Camel エンドポイントの検証対象となる XML ファイルを含めるかどうか。

includeTest

false

テストソースコードを含めるかどうか。

includes

 

Java および xml ファイルの名前を絞り込み、指定されたパターンのリスト (ワイルドカードおよび正規表現) と一致するファイルのみが含まれるようにします。複数の値はコンマで区切ることができます。

excludes

 

Java および xml ファイルの名前を絞り込み、指定されたパターンのリスト (ワイルドカードおよび正規表現) と一致するファイルが除外されるようにします。複数の値はコンマで区切ることができます。

ignoreUnknownComponent

true

不明なコンポーネントを無視するかどうか。

ignoreIncapable

true

解析不可なエンドポイント URI や、Simple 式を無視するかどうか。

ignoreLenientProperties

true

lenient プロパティーを使用するコンポーネントを無視するかどうか。true の場合、URI の検証はより厳密になりますが、lenient プロパティーを使用するため、URI にあってもコンポーネントの一部でないプロパティーでは検証に失敗することがあります。たとえば、HTTP コンポーネントを使用して、エンドポイント URI でクエリーパラメーターを提供する場合がこれに該当します。

ignoreDeprecated

true

Camel 2.23 の場合: エンドポイント URI で使用される非推奨のオプションを無視するかどうか。

duplicateRouteId

true

Camel 2.20 の場合: ルート ID の重複を検証するかどうか。ルート ID は一意である必要があります。重複がある場合、Camel は起動に失敗します。

directOrSedaPairCheck

true

Camel 2.23 の場合: direct/seda エンドポイントが未定義コンシューマーに送信しているかを検証するかどうか。

showAll

false

エンドポイントと Simple 式 (無効と有効の両方) をすべて表示するかどうか。

たとえば、コマンドラインから ignoreDeprecated オプションを無効するには、以下を実行します。

$mvn camel:validate -Dcamel.ignoreDeprecated=false

オプション名として、-D コマンド引数の前に camel. (例: camel.ignoreDeprecated) を付ける必要があります。