2.12.3. camel:route-coverage

ユニットテストから Camel ルートのカバレッジのレポートを生成するために使用します。これを使用することによって、Camel ルートのどの部分が使用されたかを把握することができます。

2.12.3.1. route-coverage の有効化

以下のいずれかの方法で、ユニットテスト実行時に route-coverage を有効化できます。

  • グローバル JVM システムプロパティーを設定してすべてのテストクラスで有効。
  • camel-test-spring モジュールを使用する場合、テストクラスごとの @EnableRouteCoverage アノテーションの使用
  • camel-test モジュールを使用する場合、テストクラスごとの isDumpRouteCoverage メソッドの上書き