Menu Close

2.4.4. OpenShift 4.x での Fuse Console のアップグレード

Red Hat OpenShift 4.x では、Red Hat Fuse Operator などの Operator の更新が処理されます。詳細は、OpenShift ドキュメントの『Operator』を参照してください。

その後、アプリケーションの設定方法によっては、Operator の更新でアプリケーションのアップグレードをトリガーできるようになります。

Fuse Console アプリケーションでは、アプリケーションカスタムリソース定義の .spec.version フィールドを編集して、アプリケーションのアップグレードをトリガーすることもできます。

前提条件

  • OpenShift クラスターの管理者権限が必要です。

手順

Fuse Console アプリケーションをアップグレードするには、以下を行います。

  1. ターミナルウィンドウで、以下のコマンドを使用してアプリケーションカスタムリソース定義の .spec.version フィールドを変更します。

    oc patch <project-name> <custom-resource-name> --type='merge' -p '{"spec":{"version":"1.7.1"}}'

    以下は例になります。

    oc patch myproject example-fuseconsole --type='merge' -p '{"spec":{"version":"1.7.1"}}'
  2. アプリケーションの状態が更新されたことを確認します。

     oc get myproject

    応答には、バージョン番号などのアプリケーションに関する情報が表示されます。

    NAME                  AGE   URL                                        IMAGE
    example-fuseconsole   1m    https://fuseconsole.192.168.64.38.nip.io   docker.io/fuseconsole/online:1.7.1

    .spec.version フィールドの値を変更すると、OpenShift によってアプリケーションが自動的に再デプロイされます。

  3. バージョンの変更によってトリガーされた再デプロイの状態をチェックするには、以下を実行します。

    oc rollout status deployment.v1.apps/example-fuseconsole

    正常にデプロイされた場合は以下の応答が表示されます。

    deployment "example-fuseconsole" successfully rolled out