Menu Close

15.4.3. JBoss EAP アプリケーションでの依存関係の更新

以下のコードは、Fuse on OpenShift における JBoss EAP アプリケーションの POM ファイルの標準的なレイアウトを表しています。重要なプロパティー設定がいくつか含まれています。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="no"?>
<project ...>
  ...
  <properties>
    <project.build.sourceEncoding>UTF-8</project.build.sourceEncoding>

    <fuse.version>7.10.0.fuse-sb2-7_10_0-00014-redhat-00001</fuse.version>
    ...
  </properties>

  <!-- Dependency Management -->
  <dependencyManagement>
    <dependencies>
      <dependency>
        <groupId>org.jboss.redhat-fuse</groupId>
        <artifactId>fuse-eap-bom</artifactId>
        <version>${fuse.version}</version>
        <type>pom</type>
        <scope>import</scope>
      </dependency>
    </dependencies>
  </dependencyManagement>
  ...
</project>

アプリケーションのパッチ適用やアップグレードでは、以下のバージョン設定が重要になります。

fuse.version
fuse-eap-bom BOM ファイル (旧式の wildfly-camel-bom BOM ファイルの代わりとなる) のバージョンを定義します。BOM のバージョンを特定のパッチバージョンに更新すると、Fuse on JBoss EAP の Maven 依存関係がすべて更新されます。