Menu Close

11.5.5. PropertySource reload 設定プロパティー

リロード機能の設定には、以下のプロパティーを使用できます。

spring.cloud.kubernetes.reload.enabled
プロパティーソースおよび設定リロードの監視を有効にします。型は Boolean で、デフォルトは false です。
spring.cloud.kubernetes.reload.monitoring-config-maps
ConfigMap の変更の監視を許可します。型は Boolean で、デフォルトは true です。
spring.cloud.kubernetes.reload.monitoring-secrets
Secret の変更の監視を許可します。型は Boolean で、デフォルトは false です。
spring.cloud.kubernetes.reload.strategy
リロードの実行時に使用するストラテジー (refreshrestart_context、または shutdown)。型は Enum で、デフォルトは refresh です。
spring.cloud.kubernetes.reload.mode
プロパティーソースの変更をリッスンする方法を指定します (event または polling)。型は Enum で、デフォルトは event です。
spring.cloud.kubernetes.reload.period
polling ストラテジーの使用時に変更の検証を行う期間をミリ秒単位で指定します。型は Long で、デフォルトは 15000 です。

以下の点に注意してください。

  • spring.cloud.kubernetes.reload.* プロパティーは ConfigMap または Secret で使用しないでください。起動時にこのようなプロパティーを変更すると、予期せぬ結果が発生する可能性があります。
  • refresh レベルの使用時に、プロパティーまたは ConfigMap 全体を削除しても、Bean は元の状態に復元されません。