Menu Close

2.5.2. Prometheus の設定

Prometheus を設定するには、クラスターに Prometheus Operator のカスタムリソース定義をインストールし、Prometheus を Fuse アプリケーションが含まれる OpenShift プロジェクトに追加します。

前提条件

  • OpenShift クラスターにアクセス可能な cluster admin 権限が必要です。
  • 『Fuse on OpenShift ガイド』の説明にしたがって、Fuse on OpenShift イメージおよびテンプレートをインストールして OpenShift クラスターが準備されている必要があります。
  • クラスターで OpenShift プロジェクトを作成し、Fuse アプリケーションをそのプロジェクトに追加されている必要があります。

手順

  1. 管理者権限で OpenShift にログインします。

    oc login -u system:admin
  2. Prometheus operator の実行に必要なカスタムリソース定義をインストールします。

    oc create -f https://raw.githubusercontent.com/jboss-fuse/application-templates/application-templates-2.1.0.fuse-sb2-7_10_0-00015-redhat-00001/openshift3/fuse-prometheus-crd.yml

    Prometheus Operator がクラスターのすべての namespace で利用できるようになります。

  3. 以下のコマンド構文を使用して、Prometheus Operator を namespace にインストールします。

    oc process -f https://raw.githubusercontent.com/jboss-fuse/application-templates/application-templates-2.1.0.fuse-sb2-7_10_0-00015-redhat-00001/openshift3/fuse-prometheus-operator.yml -p NAMESPACE=<YOUR NAMESPACE> | oc create -f -

    たとえば、myproject という名前のプロジェクト (namespace) には、以下のコマンドを使用します。

    oc process -f https://raw.githubusercontent.com/jboss-fuse/application-templates/application-templates-2.1.0.fuse-sb2-7_10_0-00015-redhat-00001/openshift3/fuse-prometheus-operator.yml -p NAMESPACE=myproject | oc create -f -
    注記

    Prometheus Operator を namespace に初めてインストールする場合、Prometheus リソース Pod が起動するまでに数分の時間がかかる場合があります。その後、Prometheus Operator をクラスターの他の namespace にインストールすると、Prometheus リソース Pod の起動ははるかに速くなります。

  4. 以下のコマンド構文を使用して、Prometheus Operator を指示し、プロジェクトの Fuse アプリケーションを監視します。

    oc process -f https://raw.githubusercontent.com/jboss-fuse/application-templates/application-templates-2.1.0.fuse-sb2-7_10_0-00015-redhat-00001/openshift3/fuse-servicemonitor.yml -p NAMESPACE=<YOUR NAMESPACE> -p FUSE_SERVICE_NAME=<YOUR FUSE SERVICE> | oc apply -f -

    たとえば、myfuseapp という名前の Fuse アプリケーションが含まれる myproject という名前の OpenShift プロジェクト (namespace) には、次のコマンドを使用します。

    oc process -f https://raw.githubusercontent.com/jboss-fuse/application-templates/application-templates-2.1.0.fuse-sb2-7_10_0-00015-redhat-00001/openshift3/fuse-servicemonitor.yml -p NAMESPACE=myproject -p FUSE_SERVICE_NAME=myfuseapp | oc apply -f -
  5. Prometheus ダッシュボードを開くには、以下を実行します。

    1. OpenShift コンソールにログインします。
    2. Prometheus を追加したプロジェクトを開きます。
    3. 左側のペインで、Applications -> Routes と選択します。

      prometheus route

    4. Prometheus Hostname URL をクリックし、新しいブラウザータブまたはウインドウで Prometheus ダッシュボードを開きます。

      prometheus dashboard

    5. Prometheus を初めて使用する場合は、「https://prometheus.io/docs/prometheus/latest/getting_started/」を参照してください。