3.4. Red Hat Enterprise Linux 6 クラスターの Red Hat Enterprise Linux 7 へのアップグレード

Red Hat Enterprise Virtualization 3.6 の全機能を活用するには、Red Hat Enterprise Linux 6 クラスターから Red Hat Enterprise Linux 7 にアップグレードしてください。ホストをバージョン 7 にアップグレードしない場合は、データセンターとクラスターの互換性バージョンは現在のバージョンのままにしておく必要があります。互換性バージョンを 3.6 にアップグレードした場合には、Red Hat Enterprise Linux 7 のホストのみがサポートされます。
アップグレードの際には仮想マシンを停止させずに、既存の Red Hat Enterprise Linux 6/RHEV-H 6 クラスター上の仮想マシンを Red Hat Enterprise Linux 7/RHEV-H 7 クラスターにライブマイグレーションすることができます。

重要

これは、異なるクラスター間での仮想マシン移行として唯一サポートされているユースケースです。バージョン 7 のクラスターからバージョン 6 に戻す移行はサポートされていません。

手順3.2 Red Hat Enterprise Linux 6 クラスターの Red Hat Enterprise Linux 7 へのアップグレード

  1. バージョン 6 のクラスターと同じ設定および構成の新しいクラスターを作成します。新しいクラスターは、バージョン 7 のホストをグループ化するために使用します。仮想マシンをバージョン 6 のクラスターから新しいクラスターに、ダウンタイムなしでライブマイグレーションするには、新しいクラスターがライブマイグレーションの要件を満たしていることを確認してください。ライブマイグレーションの要件については、『仮想マシン管理ガイド』の「ライブマイグレーションの前提条件」を参照してください。新規クラスターの作成については、『管理ガイド』の「新規クラスターの作成」を参照してください。
  2. Red Hat Enterprise Linux 6 クラスターの Red Hat Enterprise Linux 7 クラスターへの移行
    1. 管理ポータルで 仮想マシン タブをクリックして、実行中の仮想マシンを選択します。
    2. 移行 をクリックすると、仮想マシンの移行 ウィンドウが開きます。
    3. 詳細パラメーター ボタンをクリックして、ホストの詳細設定を展開し、移行先のクラスターを選択します。
    4. ラジオボタンで ホストを自動選択 を選択するか、移行先のホストを選択 を選択して、ドロップダウンリストでホストを指定します。
    5. OK をクリックして移行を開始し、ウィンドウを閉じます。
    ライブマイグレーションする仮想マシンすべてに対して、このプロセスを繰り返します。

    注記

    移行をキャンセル をクリックすることでいつでも移行のキャンセルを選択することができます。
  3. ホストをバージョン 6 から 7 にアップグレードします。
    • Red Hat Enterprise Linux ホストの場合:
      1. 管理ポータルで ホスト タブをクリックして、更新するホストを選択します。
      2. メンテナンス をクリックして、ホストをメンテナンスモードに切り替えします。
      3. ホストで Red Hat Enterprise Linux 7 オペレーティングシステムを再インストールする場合は Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド を参照してください。Red Hat Enterprise Linux 6 ホストを Red Hat Enterprise Linux 7 にアップグレードするには https://access.redhat.com/solutions/637583 を参照してください。
      4. 必要なエンタイトルメントにホストをサブスクライブします。『インストールガイド』の「必要なエンタイトルメントのサブスクライブ」 を参照してください。
    • Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor (RHEV-H) の場合:
      1. Manager 上で rhel-7-server-rhevh-rpms リポジトリーを有効化します。
        # subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-rhevh-rpms
      2. RHEV-H パッケージがインストールされていない場合はインストールして、利用可能な最新のバージョンにパッケージを更新します。
        # yum install rhev-hypervisor7
        # yum update rhev-hypervisor7
      3. 管理ポータルで ホスト タブをクリックして、アップグレードする Hypervisor を選択します。
      4. アップグレード をクリックすると、ホストのアップグレード の確認のウィンドウが開きます。
      5. Hypervisor の ISO イメージを選択します。
      6. OK をクリックします。ホスト タブに Hypervisor の情報が更新され、ステータスが以下の順序で変わります。
        • Maintenance
        • Installing
        • Non Responsive
        • Up
        これらは、すべて正常なステータスであり、各段階の処理にはしばらく時間がかかります。
      7. すべての更新が正しく適用されるように、Hypervisor を再起動します。
  4. Red Hat Enterprise Virtualization 環境内のホストごとに同じ手順を繰り返してください。
全ホストをアップグレードした後には、9章アップグレード後のタスクを参照してアップグレード後のタスクを完了します。