第4章 Red Hat Enterprise Virtualization 3.5 へのアップグレード

4.1. Red Hat Enterprise Virtualization 3.5 への互換性アップグレードが必要な機能

Red Hat Enterprise Virtualization 3.5 の一部の機能は、データセンター、クラスター、およびストレージの互換バージョンが 3.5 に設定されている場合にのみ利用可能です。

表4.1 Red Hat Enterprise Virtualization 3.5 への互換性アップグレードが必要な機能

機能説明
準仮想化乱数ジェネレーター (RNG) デバイスのサポート
この機能は、仮想マシンの準仮想化乱数ジェネレーターに対するサポートを追加します。この機能を使用するには、乱数ジェネレーターのソースをクラスターレベルで設定し、必要な RNG デバイスソースを全ホストがサポートしてレポートするようにする必要があります。この機能はバージョン 6.6 以降の Red Hat Enterprise Linux ホストでサポートされています。
シリアル番号ポリシーのサポート
この機能は、仮想マシンのカスタムシリアル番号を設定するためのサポートを追加します。シリアル番号ポリシーは、クラスターレベルまたは個々の仮想マシンで指定することができます。
データドメインでの OVF ファイルの保存
この機能は、Open Virtualization Format ファイル (仮想マシンのテンプレートを含む) をサポート対象プール内の任意のドメインに保管するためのサポートを追加します。
ブートメニューのサポート
この機能は、仮想マシンのブートデバイスメニューを有効化するためのサポートを追加します。
データストレージドメインのインポート
この機能は、ユーザーが既存のデータストレージドメインを環境に追加するためのサポートを追加します。データストレージドメインが追加されると、Manager はそのストレージドメイン内の全仮想マシンを検出して追加します。
SPICE のコピー&ペーストのサポート
この機能は、ユーザーが SPICE クリップボードへのコピー&ペーストを有効化/無効化するためのサポートを提供します。
ストレージプールのメタデータの削除
この機能は、ストレージプールのメタデータを engine データベースのみで保管/維持管理するためのサポートを追加します。
ネットワークのカスタムプロパティーのサポート
この機能は、ホストにネットワークをプロビジョニングする際にユーザーがカスタムプロパティーを定義するためのサポートを追加します。