第5章 Red Hat Enterprise Virtualization 3.4 へのアップグレード

5.1. Red Hat Enterprise Virtualization 3.4 への互換性アップグレードが必要な機能

Red Hat Enterprise Virtualization 3.4 の一部の機能は、データセンター、クラスター、およびストレージの互換バージョンが 3.4 に設定されている場合にのみ利用できます。

表5.1 Red Hat Enterprise Virtualization 3.4 への互換性アップグレードが必要な機能

機能説明
エラー時の移行中断
この機能により、仮想マシンの移行中に発生したエラーの処理に対するサポートが追加されます。
Gluster ボリュームの強制的な作成
この機能により、root パーティションで Gluster ブリックを作成するためのサポートが追加されます。この機能を使用すると、root パーティションでのブリック作成に対する警告を無効にするように選択できます。
Gluster ボリュームの非同期タスク管理
この機能により、ボリュームのリバランスやブリックの削除など Gluster ボリュームでの非同期タスクの管理に対するサポートが提供されます。この機能を使用するには、GlusterFS バージョン 3.5 以降を使用する必要があります。
Glance イメージのテンプレートとしてのインポート
この機能により、OpenStack Image Service からイメージをテンプレートとしてインポートするためのサポートが提供されます。
NFS 以外の ISO ドメインに関するファイル統計取得
この機能により、NFS 以外のストレージ形式を使用する ISO ドメイン (例: ローカル ISO ドメイン) に保管されているファイルに関する統計を取得するサポートが追加されます。
デフォルトルートのサポート
この機能により、管理ネットワークのデフォルトルートが主要ルーティングテーブルに登録され、その他すべてのネットワークのデフォルトルートの登録を無効にするためのサポートが追加されます。これにより、管理ネットワークのゲートウェイはホストのデフォルトゲートウェイとして確実に設定されます。
仮想マシンのリブート
この機能により、ユーザーポータルまたは管理ポータルの新しいボタンで仮想マシンをリブートするためのサポートが追加されます。仮想マシンに対してこのアクションを使用するには、その仮想マシンにゲストツールをインストールする必要があります。