第6章 Red Hat Enterprise Virtualization 3.3 へのアップグレード

6.1. Red Hat Enterprise Virtualization 3.3 への互換性アップグレードが必要な機能

Red Hat Enterprise Virtualization の一部の機能は、データセンター、クラスター、およびストレージの互換バージョンが 3.3 に設定されている場合にのみ利用可能です。

表6.1 Red Hat Enterprise Virtualization 3.3 への互換性アップグレードが必要な機能

機能説明
Libvirt/libvirt 間の仮想マシン移行
libvirt/libvirt 間の通信を用いた仮想マシンの移行を実行します。これは、ネイティブの KVM 移行よりも安全、セキュアで、かつホストの設定の要件がより少ない方法ですが、ホストの CPU のオーバーヘッドが高くなります。
仮想マシントラフィックを伝送するための分離されたネットワーク
仮想マシンの移行トラフィックを、その他のタイプのトラフィック (管理/ディスプレイトラフィックなど) から分離します。移行によりネットワークフラッドが発生し、その他の重要なタイプのトラフィックが中断する可能性を軽減します。
論理ネットワーク別のゲートウェイ定義
各論理ネットワークに管理ネットワークのゲートウェイとは別のゲートウェイを定義することができます。これにより、ネットワークトポロジーをより高度にカスタマイズすることが可能です。
RAM を含むスナップショット
スナップショットには、ディスクに加えて、仮想マシンのメモリーの状態も含まれるようになりました。
最適化された仮想マシンの iSCSI デバイスドライバー
最適化されたデバイスドライバーを使用することにより、仮想マシンは iSCSI ストレージを仮想ハードディスクとして使用できるようになりました。
メモリーオーバーコミットの MOM 管理に対するホストのサポート
MOM は、ホスト上のメモリーオーバーコミットを管理するのに使用することができるポリシー駆動型のツールです。現在 MOM はメモリーバルーニングと KSM の制御をサポートしています。
GlusterFS データドメイン
ストレージドメイン作成方法の 1 つとして、GlusterFS プロトコルに対するネイティブサポートが追加され、Gluster データセンターが作成できるようになりました。
カスタムデバイスプロパティーのサポート
仮想マシンのカスタムプロパティーに加えて、仮想マシンのデバイスのカスタムプロパティーも定義することができます。
単一の仮想 PCI デバイスを使用したマルチモニター
1 モニターにつき 1 PCI デバイスを使用するのではなく、単一の仮想 PCI デバイスで複数のモニターを稼働させます。
更新可能なストレージサーバー接続
ストレージドメインのストレージサーバー接続詳細の編集が可能になりました。
仮想マシンのハードディスクアライメントのチェック
仮想ディスク、そのディスクにインストールされているファイルシステム、および下層のストレージがアラインメントされているかどうかを確認します。アライメントされていない場合には、パフォーマンスペナルティーが発生する可能性があります。
拡張可能な仮想マシンディスクイメージ
仮想マシンのディスクイメージの空き容量が不足した場合には、拡張できるようになりました。
OpenStack Image Service の統合
Red Hat Enterprise Virtualization は OpenStack Image Service をサポートしています。Image Service リポジトリーとの間でイメージのインポート/エクスポートを行うことができます。
Gluster フックのサポート
Red Hat Enterprise Virtualization Manager からボリュームのライフサイクルイベントを拡張する Gluster フックを管理することができます。
Gluster ホストの UUID のサポート
この機能により Gluster ホストは、IP アドレスで識別する以外に、Gluster によって生成される Gluster サーバーの UUID でも識別することができます。
ネットワーク QoS (Qualty of Service) のサポート
受信/送信ネットワークトラフィックを仮想 NIC レベルで制限します。
Cloud-Init サポート
Cloud-Init により、仮想マシンの早期設定タスク (例: ホスト名、認証キーの設定など) を自動化することができます。