6.7. 復元したセルフホストエンジン環境に追加のホストをインストールする手順

バックアップ時にセルフホストエンジン環境に存在していたホストエンジンホストを復元した環境に再インストールする方法は、新規ホストを追加する方法と少し異なります。ホストを再インストールする場合には、初めてインストールするホストと同様に、エンジンとの同期の際に VDSM のタイムアウトが発生します。

前提条件

  • 物理ホストを追加のセルフホストエンジンホストとして使用するための準備をします。新規インストールした Red Hat Enterprise Linux ホストまたは、バックアップした環境のセルフホストエンジンホストを使用できます。新規インストールしたホストを使用する場合は、必要なエンタイトルメントにホストをサブスクライブして、ovirt-hosted-engine-setup をインストールします。「必要なエンタイトルメントのサブスクライブ」を参照してください。セルフホストエンジンのホストを再利用する場合は、セルフホストエンジンの設定を削除します。「セルフホストエンジン環境からのホストの削除」を参照してください。

手順6.5 セルフホストエンジンホストの追加

  1. ovirt-hosted-engine-setup パッケージをインストールします。
    # yum install ovirt-hosted-engine-setup
  2. デプロイメントコマンドでホストを設定します。
    # hosted-engine --deploy
    ネットワーク経由で hosted-engine デプロイメントスクリプトを実行する場合には、ネットワークまたはターミナルが中断された際にセッションが失われないように screen ウィンドウマネージャーの使用を推奨しています。screen パッケージがインストールされていない場合には、先にこのパッケージをインストールしてください。
    # screen hosted-engine --deploy
  3. 初期化の準備

    このスクリプトは最初に、セルフホストエンジン環境で対象のホストをハイパーバイザーとして使用することについての確認を要求します。
    Continuing will configure this host for serving as hypervisor and create a VM where you have to install oVirt Engine afterwards. 
    Are you sure you want to continue? (Yes, No)[Yes]:
  4. ストレージの設定

    使用するストレージのタイプを選択します。
    During customization use CTRL-D to abort.
    Please specify the storage you would like to use (iscsi, nfs3, nfs4)[nfs3]:
    • NFS ストレージタイプの場合には、完全修飾ドメイン名または IP アドレスを使用した完全なアドレスと、共有ストレージドメインのパス名を指定します。
      Please specify the full shared storage connection path to use (example: host:/path): storage.example.com:/hosted_engine/nfs
    • iSCSI の場合には、iSCSI ポータルの IP アドレス、ユーザー名、およびパスワードを指定して、自動検出されたリストからターゲット名を選択します。
      Please specify the iSCSI portal IP address:           
      Please specify the iSCSI portal port [3260]:           
      Please specify the iSCSI portal user:           
      Please specify the iSCSI portal password:
      Please specify the target name (auto-detected values) [default]:
  5. セルフホストエンジンの検出

    hosted-engine のスクリプトは、共有ストレージが使用されていることを検出して、追加のホスト設定であるかどうかを確認した後に、プロンプトでホスト ID を要求します。この ID は環境内のホストには割り当てられていない整数を使用する必要があります。
    The specified storage location already contains a data domain. Is this an additional host setup (Yes, No)[Yes]? 
    [ INFO  ] Installing on additional host
    Please specify the Host ID [Must be integer, default: 2]:
    
  6. システムの設定

    hosted-engine スクリプトは、最初の hosted-engine 設定で作成された応答ファイルを使用します。これには、hosted-engine スクリプトにより応答ファイルにアクセスして追加ホストにセキュアコピーできるように、FQDN または IP アドレスと、ホストの root ユーザーパスワードが必要となります。
    [WARNING] A configuration file must be supplied to deploy Hosted Engine on an additional host.
    The answer file may be fetched from the first host using scp.
    If you do not want to download it automatically you can abort the setup answering no to the following question.
    Do you want to scp the answer file from the first host? (Yes, No)[Yes]:       
    Please provide the FQDN or IP of the first host:           
    Enter 'root' user password for host [hosted_engine_1.example.com]: 
    [ INFO  ] Answer file successfully downloaded
    
  7. ホストエンジンの設定

    Red Hat Enterprise Virtualization 環境で識別できるように、追加ホストの名前と admin@internal ユーザーのパスワードを指定します。この名前には、環境内の別のホストが使用していないものを選択する必要があります。
    Enter the name which will be used to identify this host inside the Administrator Portal [hosted_engine_2]:           
    Enter 'admin@internal' user password that will be used for accessing the Administrator Portal: 
    Confirm 'admin@internal' user password:
    
  8. 設定のプレビュー

    続行する前に、hosted-engine スクリプトは、入力された設定値を表示して、これらの値で設定を続行するかどうかを尋ねます。
    Bridge interface                   : eth1
    Engine FQDN                        : HostedEngine-VM.example.com
    Bridge name                        : rhevm
    SSH daemon port                    : 22
    Firewall manager                   : iptables
    Gateway address                    : X.X.X.X
    Host name for web application      : hosted_engine_2
    Host ID                            : 2
    Image size GB                      : 25
    Storage connection                 : storage.example.com:/hosted_engine/nfs
    Console type                       : vnc
    Memory size MB                     : 4096
    MAC address                        : 00:16:3e:05:95:50
    Boot type                          : disk
    Number of CPUs                     : 2
    CPU Type                           : model_Penryn
             
    Please confirm installation settings (Yes, No)[Yes]:
    
  9. engine のインストール完了の確認

    スクリプトにより以下の選択肢のプロンプトが表示された後に、追加されたホストが Manager と hosted_engine_1 に問い合わせを行います。
    [ INFO  ] Stage: Closing up
    To continue make a selection from the options below:
      (1) Continue setup - engine installation is complete
      (2) Power off and restart the VM
      (3) Abort setup
      (4) Destroy VM and abort setup
             
      (1, 2, 3, 4)[1]
  10. [ INFO  ] Engine replied: DB Up!Welcome to Health Status!
    [ INFO  ] Waiting for the host to become operational in the engine. This may take several minutes...
    この時点でホストは管理ポータルに表示されますが、ステータスは Installing および Initializing を経てから Non Operational に切り替わります。ホストは、VDSM ホストが稼動状態になるまで待機し続けますが、最終的に VDSM ホストはタイムアウトになります。
    [ INFO  ] Still waiting for VDSM host to become operational...
    [ INFO  ] Still waiting for VDSM host to become operational...
    [ ERROR ] Timed out while waiting for host to start. Please check the logs.
    [ ERROR ] Unable to add hosted_engine_1 to the manager
    [ INFO  ] Enabling and starting HA services
              Hosted Engine successfully set up
    [ INFO  ] Stage: Clean up
    [ INFO  ] Generating answer file '/etc/ovirt-hosted-engine/answers.conf'
    [ INFO  ] Stage: Pre-termination
    [ INFO  ] Stage: Termination
  11. ホストをアクティブ化します。
    1. 管理ポータルにログインします。
    2. 管理ポータルで ホスト タブをクリックして、アクティブ化するホストを選択します。
    3. アクティブ化 ボタンをクリックします。
対象のホストが Manager 仮想マシンをホスティングするようになり、他の仮想マシンはセルフホストエンジン環境で実行されるようになりました。