Menu Close

第7章 セルフホスト環境に追加のホストをインストールする手順

セルフホスト環境にノードを追加するのは、元のホストのデプロイに似ていますが、スクリプトによって環境が検出されるため、手順は大幅に簡略化されます。新規ホストで hosted-engine スクリプトを実行すると、共有ストレージドメインが検出され、必要に応じてこのホストを Manager 仮想マシンをホストするフェールオーバーホストとして使用することができます。また、hosted-engine スクリプトを使用せずに設定した通常のホストも、セルフホストエンジン環境にアタッチできますが、Manager 仮想マシンのホスティング用には使用できません。hosted-engine で設定されたホストを少なくとも 2 台用意して、Manager 仮想マシンの高可用性を確保することを強く推奨します。

前提条件

  • RHEL ベースのセルフホストエンジン環境については、物理ホストに新規インストールされた Red Hat Enterprise Linux システムを用意し、必要なエンタイトルメントにホストをサブスクリプション登録しておく必要があります。サブスクリプションに関する詳しい情報は、「必要なエンタイトルメントのサブスクライブ」を参照してください。
  • RHEV-H ベースのセルフホストエンジン環境については、物理ホストに新規インストールされた RHEV-H を用意しておく必要があります。また、少なくともネットワークカードが 1 つ以上設定されており、SSH パスワード認証が Security の画面から有効化されているようにしてください。

手順7.1 別のセルフホストエンジンホストの追加

  1. host-engine スクリプトの起動

    • RHEL ベースのセルフホストエンジンのホストの場合は、ovirt-hosted-engine-setup パッケージをインストールして、以下のデプロイメントコマンドを実行します。
      # yum install ovirt-hosted-engine-setup
      # hosted-engine --deploy
    • RHEV-H ベースのセルフホストエンジンのホストの場合は、テキストユーザーインターフェースで Hosted Engine 画面から < Deploy Hosted Engine > を選択して、< Add this host to an existing group > を選び < Deploy > で Enter を押します。
  2. ストレージの設定

    使用するストレージのタイプを選択します。
    During customization use CTRL-D to abort.
    Please specify the storage you would like to use (iscsi, nfs3, nfs4)[nfs3]:
    • NFS ストレージタイプの場合には、完全修飾ドメイン名または IP アドレスを使用した完全なアドレスと、共有ストレージドメインのパス名を指定します。
      Please specify the full shared storage connection path to use (example: host:/path): storage.example.com:/hosted_engine/nfs
    • iSCSI の場合には、iSCSI ポータルの IP アドレス、ユーザー名、およびパスワードを指定して、自動検出されたリストからターゲット名を選択します。
      Please specify the iSCSI portal IP address:           
      Please specify the iSCSI portal port [3260]:           
      Please specify the iSCSI portal user:           
      Please specify the iSCSI portal password:
      Please specify the target name (auto-detected values) [default]:
  3. セルフホストエンジンの検出

    hosted-engine のスクリプトは、共有ストレージが使用されていることを検出して、追加のホスト設定であるかどうかを確認した後に、プロンプトでホスト ID を要求します。この ID は環境内の別のホストには割り当てられていない整数を使用する必要があります。
    The specified storage location already contains a data domain. Is this an additional host setup (Yes, No)[Yes]? 
    [ INFO  ] Installing on additional host
    Please specify the Host ID [Must be integer, default: 2]:
    
  4. システムの設定

    hosted-engine スクリプトは、最初の hosted-engine 設定で作成された応答ファイルを使用します。これには、hosted-engine スクリプトにより応答ファイルにアクセスして追加ホストにセキュアコピーできるように、FQDN または IP アドレスと、ホストの root ユーザーパスワードが必要となります。
    [WARNING] A configuration file must be supplied to deploy Hosted Engine on an additional host.
    The answer file may be fetched from the first host using scp.
    If you do not want to download it automatically you can abort the setup answering no to the following question.
    Do you want to scp the answer file from the first host? (Yes, No)[Yes]:       
    Please provide the FQDN or IP of the first host:           
    Enter 'root' user password for host Host-HE1.example.com: 
    [ INFO  ] Answer file successfully downloaded
    
  5. ホストエンジンの設定

    Red Hat Enterprise Virtualization 環境で識別できるように、追加ホストの名前と admin@internal ユーザーのパスワードを指定します。
    Enter the name which will be used to identify this host inside the Administrator Portal [hosted_engine_2]:           
    Enter 'admin@internal' user password that will be used for accessing the Administrator Portal: 
    Confirm 'admin@internal' user password:
    
  6. 設定のプレビュー

    続行する前に、hosted-engine スクリプトは、入力された設定値を表示して、これらの値で設定を続行するかどうかを尋ねます。
    Bridge interface                   : eth1
    Engine FQDN                        : HostedEngine-VM.example.com
    Bridge name                        : rhevm
    SSH daemon port                    : 22
    Firewall manager                   : iptables
    Gateway address                    : X.X.X.X
    Host name for web application      : hosted_engine_2
    Host ID                            : 2
    Image size GB                      : 25
    Storage connection                 : storage.example.com:/hosted_engine/nfs
    Console type                       : vnc
    Memory size MB                     : 4096
    MAC address                        : 00:16:3e:05:95:50
    Boot type                          : disk
    Number of CPUs                     : 2
    CPU Type                           : model_Penryn
             
    Please confirm installation settings (Yes, No)[Yes]:
    
確定後、このスクリプトによりホストのインストールが完了し環境へ追加されます。