第6章 RHEL ベースのセルフホスト環境のバックアップと復元

6.1. バックアップと復元の概要

本セクションでは、セルフホストエンジン環境をバックアップして復元する方法を説明します。engine-backup ツールを使用したバックアップの手法がサポートされており、この手法では、Manager 仮想マシンが含まれるホストやこの環境内でホストされる他の仮想マシンはバックアップされず、Red Hat Enterprise Virtualization Manager 仮想マシンのみをバックアップできます。本章で説明するシナリオでは、仮想マシンの移行を行うために少なくとも 2 台のセルフホストエンジンホストがバックアップ環境に必要です。
セルフホストエンジン環境のバックアップでは、主に以下のような作業を行います。
  1. セルフホストエンジンホストに仮想負荷がかからないように、ホストをメンテナンスモードに指定します。このホスト上にある仮想マシンは、同じ環境内の他のセルフホストエンジンホストに移行されます。このホストは、フェイルオーバーホストとしても知られています。
  2. フェイルオーバーホストで engine-backup コマンドを実行して、Red Hat Enterprise Virtualization Manager 構成設定およびデータベースのコンテンツをバックアップします。
セルフホストエンジン環境の復元では主に、以下のような作業を行います。
  1. 復元先のホストを選択します。新規インストールした Red Hat Enterprise Linux ホストまたはフェイルオーバーホストを使用することができます。新規インストールしたホストを使用する場合には、必要なエンタイトルメントにサブスクライブして、ovirt-hosted-engine-setup をインストールします。「必要なエンタイトルメントのサブスクライブ」を参照してください。フェイルオーバーを使用する場合には、セルフホストエンジン設定を削除して、再利用できるようにします。「セルフホストエンジン環境からのホストの削除」 を参照してください。
  2. Red Hat Enterprise Virtualization Manager の構成設定およびデータベースの内容を新しい Manager 仮想マシンに復元します。
  3. ステータスが Non Operational のホストエンジンのホストを削除して、復元後のセルフホストエンジン環境で再インストールします。

前提条件

  • 復元先の物理ホストを用意する必要があります。新規ホスト、フェイルオーバーホストのいずれかを使用することができます。
  • 新規ホストおよび Manager のオペレーティングシステムのバージョンは、バックアップしたホストと Manager のバージョンと同じでなければなりません。
  • 新しい環境には Red Hat サブスクリプションマネージャーのエンタイトルメントが必要です。サブスクリプションが必要なリポジトリー一覧は、「必要なエンタイトルメントのサブスクライブ」 を参照してください。
  • 新しい Manager の完全修飾ドメイン名と、バックアップした Manager のドメイン名は同じでなければなりません。また、正引き (フォワードルックアップ) と逆引き (リバースルックアップ) の両方を DNS で設定する必要があります。