Menu Close

6.2. セルフホストエンジンの Manager 仮想マシンのバックアップ

セルフホストエンジン環境を定期的にバックアップすることを推奨します。サポートされているバックアップの方法では、engine-backup ツールを使用し、ovirt-engine サービスを中断せずにバックアップを実行することができます。engine-backup ツールがバックアップできるのは、Red Hat Enterprise Virtualization Manager の仮想マシンのみで、Manager 仮想マシンを含むホストまたはこの環境内でホストされる他の仮想マシンはバックアップされません。

手順6.1 既存の Red Hat Enterprise Virtualization Manager のバックアップ

  1. フェイルオーバー先のホストの準備

    フェイルオーバーホスト (環境内にあるホストエンジンのホストの 1 つ) は、メンテナンスモードに設定して、バックアップ時に仮想負荷がない状態にします。このホストは後ほど、復元したセルフホストエンジン環境をデプロイする際に使用することができます。今回のシナリオでは、ホストエンジンのホストはどれでもフェイルオーバーホストとして使用することができますが、Host 1 を使用すると、復元のプロセスがより簡単になります。Host 1 ホストのデフォルト名は hosted_engine_1 で、これは、ホストエンジンのデプロイメントスクリプトが最初に実行された際に設定されたものです。
    1. ホストエンジンのホストの 1 つにログインします。
    2. hosted_engine_1 ホストが Host 1 であることを確認します。
       # hosted-engine --vm-status
    3. 管理ポータルにログインします。
    4. ホスト タブをクリックします。
    5. 結果一覧から hosted_engine_1 ホストを選択して、メンテナンス をクリックします。
    6. OK をクリックします。
    ホストの仮想負荷によっては、全仮想マシンが移行されるまでしばらく時間がかかる場合があります。ホストのステータスがMaintenance に変わってから次のステップに進んでください。
  2. Manager のバックアップ作成

    Manager の仮想マシン上で、仮想マシンの構成設定とデータベースの内容をバックアップします。[EngineBackupFile] はバックアップファイルのファイル名に、[LogFILE] はバックアップログのファイル名に置き換えます。
    # engine-backup --mode=backup --file=[EngineBackupFile] --log=[LogFILE]
  3. 外部サーバーへのファイルのバックアップ

    外部サーバーにファイルをバックアップします。以下の例では、[Storage.example.com] は、必要になるまでバックアップを格納するネットワークストレージサーバーの完全修飾ドメイン名に、/backup/ は指定したフォルダーまたはパスに置き換えます。仮想マシンの構成設定とデータベースの内容を復元するには、このバックアップファイルにアクセス可能である必要があります。
    # scp -p [EngineBackupFiles] [Storage.example.com:/backup/EngineBackupFiles]
  4. フェイルオーバーホストの有効化

    hosted_engine_1 ホストのメンテナンスモードから切り替えます。
    1. 管理ポータルにログインします。
    2. ホスト タブをクリックします。
    3. 結果一覧から hosted_engine_1 を選択します。
    4. アクティブ化 をクリックします。
Red Hat Enterprise Virtualization Manager 仮想マシンの構成設定とデータベースの内容をバックアップしました。