付録A Manager のオペレーティングシステムの手動インストール

セルフホストエンジン環境で Manager 仮想マシンを設定する方法として、Manager のオペレーティングシステムを手動でインストールするか、プロセスを簡素化した RHEV-M Virtual Appliance を使用するかのどちらかを選択することができます。以下の手順では、手動のインストールプロセスを説明します。Manager 仮想マシン設定の異なるワークフローの比較については、「付録B Manager 仮想マシン設定の異なるワークフローの比較」を参照してください。

手順A.1 Manager のオペレーティングシステムの手動インストール

  1. 仮想マシンの設定

    hosted-engine スクリプトにより、Red Hat Enterprise Virtualization Manager として設定される仮想マシンが作成されます。以下の手順では、この仮想マシンを HostedEngine-VM と呼びます。ブートデバイス (該当する場合)、インストールメディアのパス名、CPU タイプ、仮想 CPU の数、ディスクサイズを指定します。HostedEngine-VM の MAC アドレスを指定するか、ランダムに生成された MAC アドレスを適用します。MAC アドレスは、仮想マシンにオペレーティングシステムをインストール前に DHCP サーバーを更新するのに使用することができます。HostedEngine-VM の作成に必要なメモリーサイズとコンソールの接続タイプも指定します。
    Please specify the device to boot the VM from (cdrom, disk, pxe) [cdrom]: 
    The following CPU types are supported by this host:
              - model_Penryn: Intel Penryn Family
              - model_Conroe: Intel Conroe Family
    Please specify the CPU type to be used by the VM [model_Penryn]: 
    Please specify the number of virtual CPUs for the VM [Defaults to minimum requirement: 2]: 
    Please specify the disk size of the VM in GB [Defaults to minimum requirement: 25]: 
    You may specify a MAC address for the VM or accept a randomly generated default [00:16:3e:77:b2:a4]: 
    Please specify the memory size of the VM in MB [Defaults to minimum requirement: 4096]: 
    Please specify the console type you want to use to connect to the VM (vnc, spice) [vnc]:
  2. ホストエンジンの設定

    Red Hat Enterprise Virtualization 環境内で識別するためのセルフホストエンジンの名前と、管理ポータルへアクセスするための admin@internal ユーザーのパスワードを指定します。HostedEngine-VM の FQDN を指定します。この手順では、FQDN に manager.example.com を使用しています。最後に、SMTP サーバーの名前と TCP ポート番号、メール通知に使用するメールアドレス、通知を受信するメールアドレス (複数ある場合はコンマ区切りリスト) を指定します。
    Enter the name which will be used to identify this host inside the Administrator Portal [hosted_engine_1]: Host-HE1
    Enter 'admin@internal' user password that will be used for accessing the Administrator Portal: 
    Confirm 'admin@internal' user password: 
    Please provide the FQDN for the engine you want to use. This needs to match the FQDN that you will use for the engine installation within the VM: manager.example.com
    Please provide the name of the SMTP server through which we will send notifications [localhost]: 
    Please provide the TCP port number of the SMTP server [25]: 
    Please provide the email address from which notifications will be sent [root@localhost]: 
    Please provide a comma-separated list of email addresses which will get notifications [root@localhost]:
  3. 設定のプレビュー

    続行する前に、hosted-engine スクリプトは、入力された設定値を表示して、これらの値で設定を続行するかどうかを尋ねます。
    Bridge interface                   : eth1
    Engine FQDN                        : manager.example.com
    Bridge name                        : rhevm
    SSH daemon port                    : 22
    Firewall manager                   : iptables
    Gateway address                    : X.X.X.X
    Host name for web application      : Host-HE1
    Host ID                            : 1
    Image size GB                      : 25
    Storage connection                 : storage.example.com:/hosted_engine/nfs
    Console type                       : vnc
    Memory size MB                     : 4096
    MAC address                        : 00:16:3e:77:b2:a4
    Boot type                          : pxe
    Number of CPUs                     : 2
    CPU Type                           : model_Penryn
    
    Please confirm installation settings (Yes, No)[Yes]:
  4. HostedEngine-VM の設定

    次にこのスクリプトは、HostedEngine-VM として設定する仮想マシンを作成し、接続情報を表示します。hosted-engine スクリプトが Host-HE1 上で続行される前に、HostedEngine-VM にオペレーティングシステムをインストールする必要があります。
    [ INFO  ] Stage: Transaction setup
    ...
    [ INFO  ] Creating VM
    You can now connect to the VM with the following command:
    	/usr/bin/remote-viewer vnc://localhost:5900
    Use temporary password "5379skAb" to connect to vnc console.
    Please note that in order to use remote-viewer you need to be able to run graphical applications.
    This means that if you are using ssh you have to supply the -Y flag (enables trusted X11 forwarding).
    Otherwise you can run the command from a terminal in your preferred desktop environment.
    If you cannot run graphical applications you can connect to the graphic console from another host or connect to the console using the following command:
    virsh -c qemu+tls://Test/system console HostedEngine
    If you need to reboot the VM you will need to start it manually using the command:
    hosted-engine --vm-start
    You can then set a temporary password using the command:
    hosted-engine --add-console-password
    The VM has been started.  Install the OS and shut down or reboot it.  To continue please make a selection:
             
              (1) Continue setup - VM installation is complete
              (2) Reboot the VM and restart installation
              (3) Abort setup
              (4) Destroy VM and abort setup
             
              (1, 2, 3, 4)[1]:
    以下のコマンドで VNC プロトコルを使用して仮想マシンに接続します。FQDN は、Host-HE1 の完全修飾ドメイン名または IP アドレスに置き換えます。
    /usr/bin/remote-viewer vnc://FQDN:5900
  5. 仮想マシンのオペレーティングシステムのインストール

    hosted-engine スクリプトで作成した仮想マシン HostedEngine-VM に接続して、Red Hat Enterprise Linux 6.7 のオペレーティングシステムをインストールします。
  6. ホストと仮想マシンの同期

    Host-HE1 に戻り、オプション 1 を選択して hosted-engine デプロイメントスクリプトを続行します。
    (1) Continue setup - VM installation is complete
  7. Manager のインストール

    HostedEngine-VM に接続して、適切な Red Hat Enterprise Virtualization Manager リポジトリーにサブスクライブします。『インストールガイド』の「必要なエンタイトルメントのサブスクライブ」を参照してください。
    インストール済みのパッケージには、すべて最新のバージョンが使用されていることを確認して、rhevm パッケージをインストールします。
    # yum update
    # yum install rhevm
  8. HostedEngine-VM の設定

    HostedEngine-VM で engine を設定します。これにより、既存のファイルとデータベースが特定されます。
    # engine-setup
    [ INFO  ] Stage: Initializing
    [ INFO  ] Stage: Environment setup
    Configuration files: ['/etc/ovirt-engine-setup.conf.d/10-packaging.conf', '/etc/ovirt-engine-setup.conf.d/20-setup-ovirt-post.conf']
    Log file: /var/log/ovirt-engine/setup/ovirt-engine-setup-20140304075238.log
    Version: otopi-1.1.2 (otopi-1.1.2-1.el6ev)
    [ INFO  ] Stage: Environment packages setup
    [ INFO  ] Yum Downloading: rhel-65-zstream/primary_db 2.8 M(70%)
    [ INFO  ] Stage: Programs detection
    [ INFO  ] Stage: Environment setup
    [ INFO  ] Stage: Environment customization
             
              --== PACKAGES ==--
             
    [ INFO  ] Checking for product updates...
    [ INFO  ] No product updates found
             
              --== NETWORK CONFIGURATION ==--
             
    Setup can automatically configure the firewall on this system.
    Note: automatic configuration of the firewall may overwrite current settings.
    Do you want Setup to configure the firewall? (Yes, No) [Yes]: 
    [ INFO  ] iptables will be configured as firewall manager.
             
              --== DATABASE CONFIGURATION ==--
             
             
              --== OVIRT ENGINE CONFIGURATION ==--
             
              Skipping storing options as database already prepared
             
              --== PKI CONFIGURATION ==--
             
              PKI is already configured
             
              --== APACHE CONFIGURATION ==--
             
             
              --== SYSTEM CONFIGURATION ==--
             
             
              --== END OF CONFIGURATION ==--
             
    [ INFO  ] Stage: Setup validation
    [ INFO  ] Cleaning stale zombie tasks
             
              --== CONFIGURATION PREVIEW ==--
             
              Database name                      : engine
              Database secured connection        : False
              Database host                      : X.X.X.X
              Database user name                 : engine
              Database host name validation      : False
              Database port                      : 5432
              NFS setup                          : True
              Firewall manager                   : iptables
              Update Firewall                    : True
              Configure WebSocket Proxy          : True
              Host FQDN                          : manager.example.com
              NFS mount point                    : /var/lib/exports/iso
              Set application as default page    : True
              Configure Apache SSL               : True
             
              Please confirm installation settings (OK, Cancel) [OK]:
    設定を確定します。設定が完了すると、SSH フィンガープリントと内部の認証局のハッシュが提示されます。
  9. ホストと Manager の同期

    Host-HE1 に戻り、オプション 1 を選択して hosted-engine デプロイメントスクリプトを続行します。
    (1) Continue setup - engine installation is complete
    [ INFO  ] Engine replied: DB Up!Welcome to Health Status!
    [ INFO  ] Waiting for the host to become operational in the engine. This may take several minutes...
    [ INFO  ] Still waiting for VDSM host to become operational...
    [ INFO  ] The VDSM Host is now operational
              Please shutdown the VM allowing the system to launch it as a monitored service.
              The system will wait until the VM is down.
  10. HostedEngine-VM の終了

    HostedEngine-VM を終了します。
    # shutdown -h now
  11. 設定の確認

    Host-HE1 に戻り、HostedEngine-VM のリブートが検出されていることを確認します。
    [ INFO  ] Enabling and starting HA services
              Hosted Engine successfully set up
    [ INFO  ] Stage: Clean up
    [ INFO  ] Stage: Pre-termination
    [ INFO  ] Stage: Termination