14.8. アクション

14.8.1. VDSM をインストールするアクション

ホストに VDSM および関連ソフトウェアをインストールします。ホストのタイプは、このアクションの追加パラメーターを定義します。
  • Red Hat Enterprise Linux ホスト: このホストタイプには、ホストの root ユーザー用のパスワードを参照する root_password 要素が必要です。
  • Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor ホスト: このホストタイプには、Red Hat Enterprise Virtualization Manager サーバーに格納されている ISO ファイルを参照する image 要素が必要です。

例14.28 Red Hat Enterprise Linux ホストに VDSM をインストールするアクション

POST /api/hosts/2ab5e1da-b726-4274-bbf7-0a42b16a0fc3/install HTTP/1.1
Accept: application/xml
Content-type: application/xml

<action>
    <root_password>p@55w0Rd!</root_password>
</action>

例14.29 Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor ホストに VDSM をインストールするアクション

POST /api/hosts/2ab5e1da-b726-4274-bbf7-0a42b16a0fc3/install HTTP/1.1
Accept: application/xml
Content-type: application/xml

<action>
    <image>/usr/share/rhev-hypervisor/rhev-hypervisor.iso</image>
</action>

14.8.2. ホストをアクティブ化するアクション

仮想マシンの実行などに使用するホストをアクティブ化します。

例14.30 ホストをアクティブ化するアクション

POST /api/hosts/2ab5e1da-b726-4274-bbf7-0a42b16a0fc3/activate HTTP/1.1
Accept: application/xml
Content-type: application/xml

<action/>

14.8.3. ホストネットワークの設定アクション

ホストで複数のネットワーク設定を構成します。setupnetworks アクションは、別のネットワークインターフェースにネットワークを移動するなど複雑なネットワーク設定に使用することができます。

例14.31 ホストのネットワーク設定を編集するアクション

POST /api/hosts/2ab5e1da-b726-4274-bbf7-0a42b16a0fc3/setupnetworks HTTP/1.1
Accept: application/xml
Content-type: application/xml

<action>
    <modified_network_attachments>
        <network_attachment id="41561e1c-c653-4b45-b9c9-126630e8e3b9">
            <host_nic id="857a46d3-5f64-68bd-f456-c70de5b2d569"/>
        </network_attachment<
        <network_attachment id="3c3f442f-948b-4cdc-9a48-89bb0593cfbd">
            <network id="00000000-0000-0000-0000-000000000010"/>
            <ip address="10.35.1.247" netmask="255.255.254.0" gateway="10.35.1.254"/>
	    <properties>
		<property>
		    <name>bridge_opts</name>
		    <value>
			forward_delay=1500 group_fwd_mask=0x0 multicast_snooping=1
		    </value>
		</property>
	    </properties>
        </network_attachment>
    </modified_network_attachments>
    <synchronized_network_attachments>
        <network_attachment id="3c3f442f-948b-4cdc-9a48-89bb0593cfbd">
    </synchronized_network_attachments> 
    <removed_network_attachments>
        <network_attachment id="7f456dae-c57f-35d5-55a4-20b74dc53af9">
    </removed_network_attachments>
    <modified_bonds>
        <host_nic id="a56b212d-2bc4-4120-9136-53be6cacb39a">
	    <bonding>
		<slaves>
		    <host_nic id="75ac21f7-4aa3-405a-a022-341e5f525b85">
		    <host_nic id="f3dda04c-1233-41af-a111-74327b876487">
		</slaves>
	    </bonding>
        </host_nic>
    </modified_bonds>
    <removed_bonds>
        <host_nic id="36ab5c7f-647a-bc64-f5e7-ba5d74f8e4ba">
    </removed_bonds>
    <modified_labels>
        <label id="Label002">
	    <host_nic id="857a46d3-5f64-68bd-f456-c70de5b2d569"/>
        </label>
        <label>
	    <host_nic id="a56b212d-2bc4-4120-9136-53be6cacb39a"/>
	    <label id="Label003/>
        </label>
    </modified_labels>  
    <removed_labels>
        <label id="Label001">
    </removed_labels>
    <checkConnectivity>true</checkConnectivity>
    <connectivityTimeout>60</connectivityTimeout>
</action>
このアクションは、標準の NIC 要素で、指定した全ホストネットワークリソースを更新します。要求には、以下の表に記載の追加要素が含まれます。

表14.14 複数のホストネットワークインターフェースセットアップに対する要素

要素タイプ説明
modified_bonds複合型ボンディングを作成または更新します。各 host_nic 要素には、標準の bonding 要素が含まれます。「ボンディングインターフェース」を参照してください。
removed_bonds複合型削除するボンディングの ID 一覧
modified_network_attachments複合型ホスト上のネットワークアタッチメントを追加または更新します。各 network_attachment 要素には標準ホストの network_attachment 要素が含まれます。「ホストのネットワークアタッチメントのサブコレクション」を参照してください。host_nic ID を変更すると、異なるネットワークインターフェースカードにネットワークが移動されます。
synchronized_network_attachments複合型データセンターの論理ネットワーク定義と同期する必要のあるネットワークアタッチメントの ID 一覧
removed_network_attachments複合型削除するネットワークアタッチメントの ID 一覧
modified_labels複合型ラベルを作成または変更します。各 label 要素には、名前または ID で識別される label id (ラベルの作成時) と host_nicが含まれます。host_nic ID は、ラベルを異なるネットワークインターフェースカードに移動します。
removed_labels複合型削除するラベルの ID 一覧
checkConnectivityブール値ホストと Red Hat Enterprise Virtualization Manager の間の接続を検証するには、true に設定します。接続が切断されると、Red Hat Enterprise Virtualization Manager は設定を元に戻します。
connectivityTimeout整数接続の切断のタイムアウトを定義します。

14.8.4. ホストをフェンスするアクション

API ユーザーがホストの電源管理デバイスを制御するには、fence アクションを使用します。使用可能な fence_type オプションは、capabilities に記載されています。

例14.32 ホストをフェンスするアクション

POST /api/hosts/2ab5e1da-b726-4274-bbf7-0a42b16a0fc3/fence
Accept: application/xml
Content-Type: application/xml

<action>
    <fence_type>start</fence_type>
</action>

14.8.5. ホストを非アクティブ化するアクション

メンテナンスタスクを実行するために、ホストを非アクティブ化します。

例14.33 ホストを非アクティブ化するアクション

POST /api/hosts/2ab5e1da-b726-4274-bbf7-0a42b16a0fc3/deactivate HTTP/1.1
Accept: application/xml
Content-type: application/xml

<action/>

14.8.6. ホストを承認するアクション

事前にインストール済みの Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor ホストを承認して、仮想化環境で使用できるようにします。またこのアクションは、オプションの cluster 要素を受け入れ、ホストのターゲットクラスターを定義します。

例14.34 ホストを承認するアクション

POST /api/hosts/2ab5e1da-b726-4274-bbf7-0a42b16a0fc3/approve HTTP/1.1
Accept: application/xml
Content-type: application/xml

<action>
    <cluster id="99408929-82cf-4dc7-a532-9d998063fa95"/>
</action>

14.8.7. ホストの iSCSI ログインのアクション

iscsilogin のアクションは、ホストが iSCSI ターゲットにログインできるようにします。ターゲットにログインすると、格納されている LUN が host_storage コレクションで使用できるようになります

例14.35 iSCSI ターゲットへのホストのログインを可能にするアクション

POST /api/hosts/2ab5e1da-b726-4274-bbf7-0a42b16a0fc3/iscsilogin HTTP/1.1
Accept: application/xml
Content-Type: application/xml


<action>
    <iscsi>
        <address>mysan.example.com</address>
        <target>iqn.2009-08.com.example:mysan.foobar</target>
        <username>jimmy</username>
        <password>s3kr37</password>
    </iscsi>
</action>

14.8.8. ホストの iSCSI 検出のアクション

iscsidiscover のアクションは、iSCSI ポータルに対してターゲット一覧の検索クエリーを実行できるようにします。

例14.36 iSCSI ポータルに対してターゲット一覧のクエリーを実行するアクション

POST /api/hosts/2ab5e1da-b726-4274-bbf7-0a42b16a0fc3/iscsidiscover HTTP/1.1
Accept: application/xml
Content-Type: application/xml

<action>
    <iscsi>
        <address>mysan.example.com</address>
        <port>3260</port>
    </iscsi>
</action>

14.8.9. ネットワーク設定をコミットするアクション

API ユーザーがネットワーク設定をコミットすることにより、ホストネットワークインターフェースのアタッチ/デタッチやボンディングインターフェースの作成/削除が永続化されます。

例14.37 ネットワーク設定をコミットするアクション

POST /api/hosts/2ab5e1da-b726-4274-bbf7-0a42b16a0fc3/commitnetconfig HTTP/1.1
Accept: application/xml
Content-type: application/xml

<action/>

重要

ネットワーク設定のコミットは、設定の変更によってホストの接続が切断されていない状態であることを Manager が確認した上でのみ行います。ホストの接続が切断されている場合には、ホストを再起動する必要があり、ネットワーク設定の変更は自動的に元の状態に戻ります。

14.8.10. SPM の設定

ホストを Storage Pool Manager (SPM) として手動で設定します。

例14.38 ホストを SPM として設定するためのアクション

POST /api/hosts/2ab5e1da-b726-4274-bbf7-0a42b16a0fc3/forceselectspm HTTP/1.1
Accept: application/xml
Content-type: application/xml

<action/>