3.2. 例: データセンターコレクションの一覧表示

Red Hat Enterprise Virtualization Manager は、インストール時に Default データセンターを作成します。以下の例では Default データセンターを仮想化環境の基盤として使用します。
以下の要求は、データセンターコレクションの表現を取得します。

例3.2 データセンターコレクションの一覧表示

要求:

GET /api/datacenters HTTP/1.1
Accept: application/xml

cURL コマンド:

# curl -X GET -H "Accept: application/xml" -u [USER:PASS] \
    --cacert [CERT] \
    https://[RHEVM Host]:443/api/datacenters

結果:

HTTP/1.1 200 OK
Content-Type: application/xml

<data_centers>
    <data_center href="/api/datacenters/00000002-0002-0002-0002-0000000003ab" id="00000002-0002-0002-0002-0000000003ab">
        <name>Default</name>
        <description>The default Data Center</description>
        <link rel="storagedomains"/>
          href="/api/datacenters/00000002-0002-0002-0002-0000000003ab/storagedomains"
        <link rel="clusters"/>
          href="/api/datacenters/00000002-0002-0002-0002-0000000003ab/clusters" 
        <link rel="networks"/>
          href="/api/datacenters/00000002-0002-0002-0002-0000000003ab/networks" 
        <link rel="permissions"/>
          href="/api/datacenters/00000002-0002-0002-0002-0000000003ab/permissions" 
        <link rel="quotas"/>
          href="/api/datacenters/00000002-0002-0002-0002-0000000003ab/quotas" 
        <link rel="iscsibonds"/>
          href="/api/datacenters/00000002-0002-0002-0002-0000000003ab/iscsibonds" 
        <link rel="qoss"/>
          href="/api/datacenters/00000002-0002-0002-0002-0000000003ab/qoss" 
        <local>false</local>
        <storage_format>v3</storage_format>
        <version major="3" minor="5"/>
        <supported_versions>
            <version major="3" minor="5"/>
        </supported_versions>
        <status>
            <state>up</state>
        </status>
    </data_center>
</data_centers>

Default データセンターの id コードに注意してください。このコードは、仮想化環境のその他のリソースに関連付けて、このデータセンターを特定します。
データセンターには storagedomains サブコレクションへのリンクも含まれます。データセンターは、このサブコレクションを使用して storagedomains メインコレクションからストレージドメインをアタッチします。これについては本章の後半で説明します。