3.11. 例: ストレージドメインのアクティブ化

以下の例は、Red Hat Enterprise Virtualization Manager で使用するために、data1iso1 の各ストレージドメインをアクティブ化します。

例3.12 data1 ストレージドメインのアクティブ化

要求:

POST /api/datacenters/d70d5e2d-b8ad-494a-a4d2-c7a5631073c4/storagedomains/
9ca7cb40-9a2a-4513-acef-dc254af57aac/activate HTTP/1.1
Accept: application/xml
Content-type: application/xml

<action/>

cURL コマンド:

# curl -X POST -H "Accept: application/xml" -H "Content-Type: application/xml" \
    -u [USER:PASS] --cacert [CERT] \
    -d "<action/>" \
    https://[RHEVM Host]:443/api/datacenters/d70d5e2d-b8ad-494a-a4d2-c7a5631073c4/storagedomains/9ca7cb40-9a2a-4513-acef-dc254af57aac/activate

例3.13 iso1 ストレージドメインのアクティブ化

要求:

POST /api/datacenters/d70d5e2d-b8ad-494a-a4d2-c7a5631073c4/storagedomains/
00f0d9ce-da15-4b9e-9e3e-3c898fa8b6da/activate HTTP/1.1
Accept: application/xml
Content-type: application/xml

<action/>

cURL コマンド:

# curl -X POST -H "Accept: application/xml" -H "Content-Type: application/xml" \
    -u [USER:PASS] --cacert [CERT] \
    -d "<action/>"
    https://[RHEVM Host]:443/api/datacenters/d70d5e2d-b8ad-494a-a4d2-c7a5631073c4/storagedomains/00f0d9ce-da15-4b9e-9e3e-3c898fa8b6da/activate

これにより、両ストレージドメインがアクティブ化され、データセンターに使用できるようになります。