第10章 クラスター

10.1. クラスターの要素

clusters コレクションは、Red Hat Enterprise Virtualization 環境内のクラスターに関する情報を提供します。API ユーザーは、エントリーポイント URI から取得した rel="clusters" リンクでこの情報にアクセスします。
以下の表には、クラスタリソースの表現に含まれる特定の要素をまとめています。

表10.1 クラスターの要素

要素タイプ説明プロパティー
name文字列ユーザーによって提供される、人間が判読できるクラスター名。name はそのタイプの全クラスターリソースで一意です。
description文字列ユーザーによって提供される、人間が判読できる自由形式のクラスターの説明 
link rel="networks"リレーションシップそのクラスターに関連付けられたネットワークのサブコレクションへのリンク 
link rel="permissions"リレーションシップクラスターパーミッションのサブコレクションへのリンク 
link rel="glustervolumes"リレーションシップこのクラスターに関連付けられた Red Hat Gluster Storage ボリュームのサブコレクションへのリンク 
link rel="glusterhooks"リレーションシップそのクラスターに関連付けられた Red Hat Gluster Storage ボリュームフックのサブコレクションへのリンク 
link rel="affinitygroups"リレーションシップそのクラスターに関連付けられた仮想マシンのアフィニティーグループのサブコレクションへのリンク 
cpu id=複合型クラスター内で全ホストがサポートする必要のある CPU タイプを定義するサーバーの CPU 参照
data_center id=GUIDそのクラスターのデータセンターメンバーシップへの参照
memory_policy複合型ホストのメモリー使用に関するクラスターのポリシーを定義します。
scheduling_policy複合型クラスター内のホストの負荷分散またはパワーセービングのモードを定義します。
version major= minor=複合型クラスターの互換性レベル
supported_versions複合型クラスターに設定可能な version レベルの一覧
error_handling複合型/列挙型クラスター内のホストが非稼働状態になった場合の仮想マシンの処理を定義します。capabilities 内に記載されている列挙型のプロパティーを含む on_error 要素が 1 つ必要です。 
virt_serviceブール値そのクラスターの仮想化サービスを公開するかどうかを定義します。 
gluster_serviceブール値このクラスターの Red Hat Gluster Storage サービスを公開するかどうかを定義します。 
threads_as_coresブール値プロセッサーコア合計数がホストのコア数を上回る場合に、ホストが仮想マシンを実行できるかどうかを定義します。 
tunnel_migrationブール値仮想マシンが移行中に libvirt/libvirt 間のトンネルを使用するかどうかを定義します。 
trusted_serviceブール値ホストの検証に OpenAttestation サーバーを使用するかどうかを定義します。 
ballooning_enabledブール値クラスターでバルーニングを有効化するかどうかを定義します。 
ksmブール値クラスターで ksm を有効化するかどうかを定義します。 

注記

ホストの 空きメモリーが 20% 未満に下がると、mom.Controllers.Balloon - INFO Ballooning guest:half1 from 1096400 to 1991580 のようなバルーニングコマンドが /etc/vdsm/mom.conf にログ記録されます。/etc/vdsm/mom.conf は、Memory Overcommit Manager のログファイルです。イベントは、仮想マシンがバルーンを優先しない場合にも、イベントログに追加されます。