8.2. ホストの互換性に関する表

以下の表には、Red Hat Enterprise Virtualization の各互換バージョンでサポートされている Hypervisor ホストのバージョンをまとめています。互換バージョン 3.6 では、Red Hat Enterprise Linux 7 ホストのみがサポートされています。

注記

VDSM の最新バージョンは、すべての旧バージョンの Red Hat Enterprise Virtualization との後方互換性があります。

表8.1

RHEL / RHEV-H のサポート対象バージョン3.03.13.23.33.43.53.6
6.2
6.3
6.4
6.5
6.6
6.7
7.0
7.1
7.2
新規データセンターの作成時に、互換バージョンを設定することができます。データセンター内の全ホストに適した互換バージョンを選択します。一旦設定されると、それよりも古いバージョンに変更することはできません。Red Hat Enterprise Virtualization を新規インストールした場合には、最新の互換バージョンが Default データセンターと Default クラスターに設定されるので、古い互換バージョンを使用するには、追加でデータセンターおよびクラスターを作成する必要があります。