18.3. SPICE のログファイル

SPICE のログファイルは、SPICE の接続問題のトラブルシューティングを行う際に役立ちます。SPICE デバッグを開始するには、ログレベルを debugging に変更してからログの場所を確認します。
ゲストマシンへのアクセスに使用するクライアントとゲストマシン自体の両方に SPICE ログファイルがあります。クライアント側のログでは、ブラウザーのプラグインを使用して SPICE クライアントを起動した場合には、通常環境変数でデバッグはを制御します。ネイティブクライアントを使用して SPICE クライアントを起動した場合には (console.vv ファイルがダウンロードされます)、remote-viewer コマンドを使用してデバッグを有効化し、ログ出力を生成します。

18.3.1. ハイパーバイザー SPICE サーバーの SPICE ログ

表18.3 ハイパーバイザー SPICE サーバーの SPICE ログ

ログタイプログの場所ログレベルの変更手順
ホスト/ハイパーバイザー SPICE サーバー
/var/log/libvirt/qemu/(guest_name).log
ゲストを起動する前に、ホスト/ハイパーバイザーで export SPICE_DEBUG_LEVEL=5 のコマンドを実行します。

18.3.2. ゲストマシンのSPICE ログ

表18.4 ゲストマシンのSPICE ログ

ログタイプログの場所ログレベルの変更手順
Windows ゲスト
C:\Windows\Temp\vdagent.log
C:\Windows\Temp\vdservice.log
該当なし
Red Hat Enterprise Linux ゲスト
/var/log/spice-vdagent.log
/etc/sysconfig/spice-vdagentd ファイルを作成して、SPICE_VDAGENTD_EXTRA_ARGS=”-d -d” のエントリーを記述します。

18.3.3. ブラウザーのプラグインを使用して起動した SPICE クライアントの SPICE ログ

ブラウザーのプラグインを使用して起動した SPICE クライアントの場合は、ログの場所と変更ログレベルの指示は、OS のタイプ、バージョン、システムのタイプによって異なります。

表18.5 クライアントマシンの SPICE ログ (ブラウザーのプラグイン)

ログタイプログの場所ログレベルの変更手順
SPICE クライアント (Windows 7)
C:\Windows\Temp\spicex.log
  1. メインメニューの項目から コンピューター をクリックして コンピューター を選択します。
  2. システムのプロパティ をクリックして システムの詳細設定 を選択します。
  3. 詳細設定 を選択して、環境変数 をクリックします。
  4. ユーザー または システム の変数を探して、SPICEX_DEBUG_LEVEL という新規 変数を追加します。値は 4 に指定します。
SPICE クライアント (Red Hat Enterprise Linux 6)
~/home/.spicec/spice-xpi.log
/etc/spice/logger.ini ファイルを編集して、log4j.rootCategory 変数を INFO, R から DEBUG, R に変更します。
SPICE クライアント (Red Hat Enterprise Linux 7)
~/.xsession-errors
コマンドラインからデバッグオプションを使用して Firefox を起動します: G_MESSAGES_DEBUG=all SPICE_DEBUG=1 firefox
~/.xsession-errors ファイルを touch します。
Windows クライアント上の USB リダイレクター
C:\Windows\Temp\usbclerk.log
該当なし

18.3.4. console.vv ファイルを使用して起動した SPICE クライアントの SPICE ログ

Linux クライアントマシンの場合

  1. remote-viewer コマンドに --spice-debug オプションを使用して実行し、SPICE のデバッグを有効にします。プロンプトが表示されたら、接続 URL (例: spice://[virtual_machine_IP]:[port]) を入力します。
    #  remote-viewer --spice-debug
    
  2. ログを表示するには、console.vv ファイルをダウンロードし、remote-viewer コマンドに --spice-debug オプションを使用して実行し、console.vv ファイルへの完全パスを指定します。
    # remote-viewer --spice-debug /path/to/console.vv
Windows クライアントマシンの場合

  1. debug-helper.exe ファイルをダウンロードして、remote-viewer.exe ファイルと同じディレクトリー(例: C:\Users\[user name]\AppData\Local\virt-viewer\bin) に移動します。
  2. debug-helper.exe ファイルを実行して、GNU Debugger (GDB) をインストールします。
  3. debug-helper.exe ファイルを実行して、SPICE デバッグを有効にします。
    debug-helper.exe remote-viewer.exe --spice-controller
    
  4. ログを確認するには、仮想マシンに接続します。GDB を実行中のコマンドプロンプトで、remote-viewer の標準出力と標準エラーが表示されます。