F.4. トランキングされたインターフェースでのネイティブ VLAN の使用

トランキングされたインターフェースまたはボンディングに、ネイティブ VLAN を使用したネットワークがある場合には、IP アドレスはブリッジに直接割り当てられ、VLAN インターフェースはありません。
たとえば、外部ネットワークがネイティブ VLAN に存在する場合には、ボンディングの設定は以下のようになります。
network_config:
  - type: ovs_bridge
    name: {get_input: bridge_name}
    dns_servers: {get_param: DnsServers}
    addresses:
      - ip_netmask: {get_param: ExternalIpSubnet}
    routes:
      - ip_netmask: 0.0.0.0/0
        next_hop: {get_param: ExternalInterfaceDefaultRoute}
    members:
      - type: ovs_bond
        name: bond1
        ovs_options: {get_param: BondInterfaceOvsOptions}
        members:
          - type: interface
            name: nic3
            primary: true
          - type: interface
            name: nic4

注記

アドレス (またはルート) のステートメントをブリッジに移動する場合には、ブリッジから対応の VLAN インターフェースを削除します。該当する全ロールに変更を加えます。外部ネットワークはコントローラーのみに存在するため、変更する必要があるのはコントローラーのテンプレートだけです。反対に、ストレージネットワークは全ロールにアタッチされているため、ストレージネットワークがデフォルトの VLAN の場合には、全ロールを変更する必要があります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。