12.4. プロビジョニングネットワーク上での IP アドレスの競合の回避

宛先のホストに、すでに使用中の IP アドレスが割り当てられている場合には、検出およびデプロイメントのタスクは失敗します。この問題を回避するには、プロビジョニングネットワークのポートスキャンを実行して、検出の IP アドレス範囲とホストの IP アドレス範囲が解放されているかどうかを確認することができます。
アンダークラウドホストで以下のステップを実行します。

手順12.5 アクティブな IP アドレスの特定

  1. nmap をインストールします。
    # yum install nmap
    
  2. nmap を使用して、アクティブなアドレスの IP アドレス範囲をスキャンします。この例では、192.0.2.0/24 の範囲をスキャンします。この値は、プロビジョニングネットワークの IP サブネットに置き換えてください (CIDR 表記のビットマスク)。
    # nmap -sn 192.0.2.0/24
    
  3. nmap スキャンの出力を確認します。
    たとえば、アンダークラウドおよびサブネット上に存在するその他のホストの IP アドレスを確認する必要があります。アクティブな IP アドレスが undercloud.conf の IP アドレス範囲と競合している場合には、オーバークラウドノードのイントロスペクションまたはデプロイを実行する前に、IP アドレスの範囲を変更するか、IP アドレスを解放するかのいずれかを行う必要があります。
    # nmap -sn 192.0.2.0/24
    
    Starting Nmap 6.40 ( http://nmap.org ) at 2015-10-02 15:14 EDT
    Nmap scan report for 192.0.2.1
    Host is up (0.00057s latency).
    Nmap scan report for 192.0.2.2
    Host is up (0.00048s latency).
    Nmap scan report for 192.0.2.3
    Host is up (0.00045s latency).
    Nmap scan report for 192.0.2.5
    Host is up (0.00040s latency).
    Nmap scan report for 192.0.2.9
    Host is up (0.00019s latency).
    Nmap done: 256 IP addresses (5 hosts up) scanned in 2.45 seconds