3.4. システムの登録

Red Hat OpenStack Platform director をインストールするには、まず Red Hat サブスクリプションマネージャーを使用してホストシステムを登録し、必要なチャンネルをサブスクライブします。

手順3.1 サブスクリプションマネージャーを使用して必要なチャンネルをサブスクライブする手順

  1. コンテンツ配信ネットワークにシステムを登録します。プロンプトが表示されたら、カスタマーポータルのユーザー名とパスワードを入力します。
    $ sudo subscription-manager register
  2. Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform director のエンタイトルメントプールを検索します。
    $ sudo subscription-manager list --available --all
    
  3. 上記のステップで特定したプール ID を使用して、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 7 のエンタイトルメントをアタッチします。
    $ sudo subscription-manager attach --pool=pool_id
  4. デフォルトのリポジトリーをすべて無効にしてから、必要な Red Hat Enterprise Linux リポジトリーを有効にします。
    $ sudo subscription-manager repos --disable=*
    $ sudo subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-rpms --enable=rhel-7-server-extras-rpms --enable=rhel-7-server-openstack-7.0-rpms --enable=rhel-7-server-openstack-7.0-director-rpms --enable rhel-7-server-rh-common-rpms
    
    これらのリポジトリーには、director のインストールに必要なパッケージが含まれます。

    重要

    上記にリストしたリポジトリーのみを有効にします。追加のリポジトリーを使用すると、パッケージとソフトウェアの競合が発生する場合があります。他のリポジトリーは有効にしないでください。
  5. システムで更新を実行して、ベースシステムパッケージを最新の状態にします。
    $ sudo yum update -y
    $ sudo reboot
システムは、director をインストールできる状態になりました。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。