9.4. コンピュートノードの再起動

コンピュートノードを個別に再起動して、OpenStack Platform 環境のインスタンスのダウンタイムがゼロになるようにします。この操作は、以下のワークフローに従って実行します。
  1. 再起動するコンピュートノードを選択します。
  2. インスタンスを別のコンピュートノードに移行します。
  3. 空のコンピュートノードを再起動します。

アンダークラウドから、全コンピュートノードとそれらの UUID を一覧表示します。
$ source ~/stackrc
$ nova list | grep "compute"

再起動するコンピュートノードを選択してから、まず最初に以下のプロセスに従ってそのノードのインスタンスを移行します。
  1. アンダークラウドから、再起動するコンピュートノードを選択し、そのノードを無効にします。
    $ source ~/overcloudrc
    $ nova service-list
    $ nova service-disable [hostname] nova-compute
  2. コンピュートノード上の全インスタンスを一覧表示します。
    $ nova list --host [hostname]
  3. インスタンスの移行のターゲットホストとして機能する 2 番目のコンピュートノードを選択し、このホストには、移行されるインスタンスをホストするのに十分なリソースが必要です。無効化されたホストからターゲットホストに各インスタンスを移行する操作をアンダークラウドから実行します。
    $ nova live-migration [instance-name] [target-hostname]
    $ nova migration-list
    $ nova resize-confirm [instance-name]
  4. コンピュートノードからすべてのインスタンスが移行されるまで、このステップを繰り返します。

重要

インスタンスの設定および移行に関する詳しい説明については、「オーバークラウドのコンピュートノードからの仮想マシンの移行」を参照してください。

以下の手順に従ってコンピュートノードを再起動します。
  1. コンピュートノードのログインしてリブートします。
    $ sudo reboot
  2. ノードが起動するまで待ちます。
  3. コンピュートノードを再度有効化します。
    $ source ~/overcloudrc
    $ nova service-enable [hostname] nova-compute
  4. リブートする次のノードを選択します。