1.2. オーバークラウド

オーバークラウドは、アンダークラウドを使用して構築した Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 環境で、以下のノード種別の 1 つまたは複数で構成されます。
  • コントローラー: OpenStack 環境に管理、ネットワーク、高可用性機能を提供するノード。理想的な OpenStack 環境には、高可用性のクラスターに 3 つのコントローラーノードが設定されていることが推奨されます。
    デフォルトのコントローラーノードには、Horizon、Keystone、Nova API、Neutron Server、Open vSwitch、Glance、Cinder Volume、Cinder API、Swift Storage、Swift Proxy、Heat Engine、Heat API、Ceilometer、MariaDB、RabbitMQ のコンポーネントが含まれています。また、コントローラーは高可用性機能に Pacemaker や Galera も使用します。
  • コンピュート: OpenStack 環境にコンピュートリソースを提供するために使用するノード。環境を徐々にスケーリングするにはコンピュートノードをさらに追加します。
    デフォルトのコンピュートノードには、Nova、Compute、Nova KVM、Ceilometer Agent、Open vSwitch といったコンポーネントが含まれます。
  • ストレージ: OpenStack 環境にストレージを提供するノード。これには、以下のストレージ用のノードが含まれます。
    • Ceph Storage ノード: ストレージクラスターを構成するために使用します。各ノードには、Ceph Object Storage Daemon (OSD) が含まれており、Ceph Storage ノードをデプロイする場合には、director により Ceph Monitor がコンピュートノードにインストールされます。
    • Block Storage (Cinder): HA コントローラーノードの外部ブロックストレージとして使用します。このノードには、Cinder Volume、Ceilometer Agent、Open vSwitch といったコンポーネントが含まれます。
    • Object Storage (swift): これらのノードは、OpenStack Swift の外部ストレージ層を提供します。コントローラーノードは、Swift プロキシーを介してこれらのノードにアクセスします。このノードには、swift ストレージ、ceilometer エージェント、Open vSwitch コンポーネントが含まれます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。