7.6. オーバークラウド環境の変更

オーバークラウドを変更して、別機能を追加したり、操作の方法を変更したりする場合があります。オーバークラウドを変更するには、カスタムの環境ファイルと Heat テンプレートに変更を加えて、最初に作成したオーバークラウドから openstack overcloud deploy コマンドをもう 1 度実行します。たとえば、「高度なオーバークラウドの作成」の方法を使用してオーバークラウドを作成した場合には、以下のコマンドを再度実行します。
$ openstack overcloud deploy --templates -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-isolation.yaml -e ~/templates/network-environment.yaml -e ~/templates/storage-environment.yaml --control-scale 3 --compute-scale 3 --ceph-storage-scale 3 --control-flavor control --compute-flavor compute --ceph-storage-flavor ceph-storage --ntp-server pool.ntp.org --neutron-network-type vxlan --neutron-tunnel-types vxlan
director は Heat 内の overcloud スタックを確認してから、環境ファイルと Heat テンプレートのあるスタックで各アイテムを更新します。オーバークラウドは再度作成されずに、既存のオーバークラウドに変更が加えられます。
新規環境ファイルを追加する場合には、-e オプションを指定して openstack overcloud deploy コマンドを実行しファイルを追加します。
$ openstack overcloud deploy --templates -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-isolation.yaml -e ~/templates/network-environment.yaml -e ~/templates/storage-environment.yaml -e ~/templates/new-environment.yaml --control-scale 3 --compute-scale 3 --ceph-storage-scale 3 --control-flavor control --compute-flavor compute --ceph-storage-flavor ceph-storage --ntp-server pool.ntp.org --neutron-network-type vxlan --neutron-tunnel-types vxlan
これにより、環境ファイルからの新規パラメーターやリソースがスタックに追加されます。

重要

director が後ほど上書きしてしまう可能性がありますので、オーバークラウドの設定に手動で変更を加えないように推奨しています。