C.5. Fujitsu Integrated Remote Management Controller (iRMC)

Fujitsu の iRMC は、LAN 接続と拡張された機能を統合した Baseboard Management Controller (BMC) です。このドライバーは、iRMC に接続されたベアメタルシステムの電源管理にフォーカスしています。

重要

iRMC S4 以降のバージョンが必要です。
pm_type
このオプションを pxe_irmc に設定します。
pm_user, pm_password
iRMC インターフェースのユーザー名とパスワード
pm_addr
iRMC インターフェースの IP アドレス
pm_port (オプション)
iRMC の操作に使用するポート。デフォルトは 443 です。
pm_auth_method (オプション)
iRMC 操作の認証方法。basic または digest を使用します。デフォルトは basic です。
pm_client_timeout (オプション)
iRMC 操作のタイムアウト (秒単位)。デフォルトは 60 秒です。
pm_sensor_method (オプション)
センサーデータの取得方法。ipmitool または scci です。デフォルトは ipmitool です。

補注

  • /etc/ironic/ironic.conf ファイルを編集して、enabled_drivers オプションに pxe_irmc を追加し、このドライバーを有効化します。
  • センサーの方法として SCCI を有効にした場合には、director には、追加のユーティリティーセットも必要です。python-scciclient パッケージをインストールして、openstack-ironic-conductor サービスを再起動します。
    $ yum install python-scciclient
    $ sudo systemctl restart openstack-ironic-conductor.service
    

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。