1.3. 高可用性

高可用性機能を利用すると、システムやコンポーネントセットに対して長時間にわたり継続的な操作を実行できるようになります。Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform director は、コントローラーノードクラスターを使用して、OpenStack Platform 環境に高可用性を提供します。director は、各コントローラーノードに同じコンポーネントセットをインストールして、まとめて 1 つのサービスとして管理します。クラスターを使用すると、単一のコントローラーノードで操作に支障をきたす問題が発生した場合にフォールバックできます。これにより、OpenStack のユーザーは、継続して一定レベルの稼働状況を確保することができます。
OpenStack Platform director は、複数の主要なソフトウェアを使用して、コントローラーノード上のコンポーネントを管理します。
  • Pacemaker: Pacemaker はクラスターリソースマネージャーで、クラスター内の全マシンにおける OpenStack コンポーネントの可用性を管理/監視します。
  • HA Proxy: クラスターに負荷分散およびプロキシーサービスを提供します。
  • Galera: クラスター全体の OpenStack Platform データベースの複製を提供します。
  • Memcached: データベースのキャッシュを提供します。

注記

OpenStack Platform director は複数のコントローラーノードの高可用性を一括に自動設定します。ただし、フェンシングや電源管理制御を有効化するには、ノードを手動で設定する必要があります。本ガイドでは、これらの手順を記載しています。