C.7. フェイク PXE ドライバー

このドライバーは、電源管理なしにベアメタルデバイスを使用する方法を提供します。これは、director が登録されたベアメタルデバイスを制御しないので、イントロスペクションとデプロイの特定の時点に手動で電源をコントロールする必要があることを意味します。

重要

このオプションは、テストおよび評価の目的でのみ利用いただけます。Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform のエンタープライズ環境には推奨していません。
pm_type
このオプションを fake_pxe に設定します。

補注

  • このドライバーは、電源管理を制御しないので、認証情報は使用しません。
  • /etc/ironic/ironic.conf ファイルを編集して、enabled_drivers オプションに fake_pxe を追加し、このドライバーを有効化します。
  • ノードでイントロスペクションを実行する際には、openstack baremetal introspection bulk start コマンドの実行後に手動で電源をオンにします。
  • オーバークラウドのデプロイ実行時には、ironic node-list コマンドでノードのステータスを確認します。ノードのステータスが deploying から deploy wait-callback に変わるまで待ってから、手動でノードの電源をオンにします。
  • オーバークラウドのプロビジョニングプロセスが完了したら、ノードを再起動します。プロビジョニングが完了したかどうかをチェックするには、ironic node-list コマンドでノードのステータスをチェックし、active に変わるのを待ってから、すべてのオーバークラウドノードを手動で再起動します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。