5.2. 環境ファイル

環境ファイルとは、Heat テンプレートをカスタマイズする特別な種類のテンプレートです。このファイルは、3 つの主要な部分で構成されます。
  • Parameters: これらは、テンプレートのパラメーターに適用する共通設定で、環境ファイルの parameters セクションで定義します。
  • Parameter Defaults: これらのパラメーターは、テンプレートのパラメーターのデフォルト値を変更します。これらの設定は、環境ファイルの parameter_defaults セクションで定義します。
  • Resource Registry: このセクションでは、カスタムのリソース名、他の Heat テンプレートへのリンクを定義します。これは実質的に、コアリソースコレクションに存在しないカスタムのリソースを作成する方法を提供します。この設定は、環境ファイルの resource_registry セクションで定義されます。
以下に基本的な環境ファイルの例を示します。
resource_registry:
  OS::Nova::Server::MyServer: myserver.yaml

parameter_defaults:
  NetworkName: my_network

parameters:
  MyIP: 192.168.0.1
このファイルにより、OS::Nova::Server::MyServer と呼ばれる新しいリソース種別が作成されます。myserver.yaml ファイルは、このリソース種別を実装する Heat テンプレートファイルで、このファイルでの設定が元の設定よりも優先されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。