7.2. オーバークラウドの外部ネットワークの作成

基本的/高度なオーバークラウドのシナリオでは、ノードのインターフェースが外部ネットワークを使用するように設定しましたが、Floating IP アドレスをインスタンスに割り当てできるように、オーバークラウド上にこのネットワークを作成する必要があります。

ネイティブ VLAN の使用

以下の手順では、外部ネットワーク向けの専用インターフェースまたはネイティブの VLAN が設定されていることが前提です。
source コマンドで overcloud を読み込み、Neutron で外部ネットワークを作成します。以下に例を示します。
$ source ~/overcloudrc
$ neutron net-create nova --router:external --provider:network_type flat --provider:physical_network datacentre
$ neutron subnet-create --name nova --enable_dhcp=False --allocation-pool=start=10.1.1.51,end=10.1.1.250 --gateway=10.1.1.1 nova 10.1.1.0/24
以下の例では、nova という名前のネットワークを作成します。オーバークラウドには、デフォルトの Floating IP プールにこの特定の名前が必要です。このネットワークは、「オーバークラウドの検証」の検証テストでも重要となります。
このコマンドにより、ネットワークと datacenter の物理ネットワークのマッピングも行われます。デフォルトでは、datacenterbr-ex ブリッジにマッピングされます。オーバークラウドの作成時にカスタムの Neutron の設定を使用していない限りは、このオプションはデフォルトのままにしてください。

非ネイティブ VLAN の使用

ネイティブ VLAN を使用しない場合には、以下のコマンドでネットワークを VLAN に割り当てます。
$ source ~/overcloudrc
$ neutron net-create nova --router:external --provider:network_type vlan --provider:physical_network datacentre --provider:segmentation_id 104
$ neutron subnet-create --name nova --enable_dhcp=False --allocation-pool=start=10.1.1.51,end=10.1.1.250 --gateway=10.1.1.1 nova 10.1.1.0/24
provider:segmentation_id の値は、使用する VLAN を定義します。この場合は、104 を使用します。
neutron net-list で作成したネットワークを確認します。
$ neutron net-list
+-----------------------+-------------+---------------------------------------------------+
| id                    | name        | subnets                                           |
+-----------------------+-------------+---------------------------------------------------+
| d474fe1f-222d-4e32... | nova        | 01c5f621-1e0f-4b9d-9c30-7dc59592a52f 10.1.1.0/24  |
+-----------------------+-------------+---------------------------------------------------+

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。