7.3. 追加の Floating IP ネットワークの作成

Floating IP ネットワークは、以下の条件を満たす限りは、br-ex だけでなく、どのブリッジにも使用することができます。
  • ネットワーク環境ファイルで、NeutronExternalNetworkBridge"''" に設定されていること。
  • デプロイ中に追加のブリッジをマッピングしていること。たとえば、br-floating という新規ブリッジを floating という物理ネットワークにマッピングするには、以下のコマンドを実行します。
    $ openstack overcloud deploy --templates -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-isolation.yaml -e ~/templates/network-environment.yaml --neutron-bridge-mappings datacenter:br-ex,floating:br-floating
以下のコマンドを使用して、オーバークラウドの作成後に Floating IP ネットワークを作成します。
$ neutron net-create ext-net --router:external --provider:physical_network floating --provider:network_type vlan --provider:segmentation_id 105
$ neutron subnet-create --name ext-subnet --enable_dhcp=False --allocation-pool start=10.1.2.51,end=10.1.2.250 --gateway 10.1.2.1 ext-net 10.1.2.0/24

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。