2.3. ネットワーク要件

アンダークラウドのホストには、最低でも 2 つのネットワークが必要です。
  • プロビジョニングネットワーク: これは、director がオーバークラウドノードのプロビジョニング/管理に使用するプライベートネットワークです。プロビジョニングネットワークは、オーバークラウドで使用するベアメタルシステムの検出がしやすくなるように、DHCP および PXE ブート機能を提供します。director が PXE ブートおよび DHCP の要求に対応できるように、このネットワークはトランキングされたインターフェースでネイティブ VLAN を使用する必要があります。これは、Intelligent Platform Management Interface (IPMI) での全オーバークラウドノードの電源管理制御に使用するネットワークでもあります。
  • 外部ネットワーク: 全ノードへのリモート接続に使用する別個のネットワーク。このネットワークに接続するこのインターフェースには、静的または外部の DHCP サービス経由で動的に定義された、ルーティング可能な IP アドレスが必要です。
これは、必要なネットワークの最小数を示します。ただし、director は他の Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform ネットワークトラフィックをその他のネットワーク内に分離することができます。Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform は、ネットワークの分離に物理インターフェースとタグ付けされた VLAN の両方をサポートしています。ネットワークの分離に関する詳しい情報は、「ネットワークのプランニング」を参照してください。
以下の点に注意してください。
  • すべてのマシンに少なくとも 2 つの NIC が必要です。標準的な最小設定の場合には、以下のいずれかを使用します。
    • プロビジョニングネットワーク用の NIC を 1 つと、外部ネットワーク用の NIC を 1 つ。
    • ネイティブの VLAN 上にプロビジョニングネットワーク用の NIC を 1 つと、異なる種別のオーバークラウドネットワークのサブネットを使用するタグ付けされた VLAN 用の NIC を 1 つ。
  • 追加の物理 NIC は、個別のネットワークの分離、ボンディングインターフェースの作成、タグ付された VLAN トラフィックの委譲に使用することができます。
  • ネットワークトラフィックの種別を分離するのに VLAN を使用している場合には、802.1Q 標準をサポートするスイッチを使用してタグ付けされた VLAN を提供します。
  • オーバークラウドの作成時に NIC を参照する場合は、全オーバークラウドマシンで 1 つの名前を使用します。理想としては、混乱を避けるため、対象のネットワークごとに、各システムで同じ NIC を使用してください。たとえば、プロビジョニングネットワークにはプライマリー NIC を使用して、OpenStack サービスにはセカンダリー NIC を使用します。
  • プロビジョニングネットワークの NIC は director マシン上でリモート接続に使用する NIC とは異なります。director のインストールでは、プロビジョニング NIC を使用してブリッジが作成され、リモート接続はドロップされます。director システムへリモート接続する場合には、外部 NIC を使用します。
  • プロビジョニングネットワークには、環境のサイズに適した IP 範囲が必要です。以下のガイドラインを使用して、この範囲に含めるべき IP アドレスの数を決定してください。
    • 最小で、プロビジョニングネットワークに接続されているノード 1 台につき 1 IP アドレスを含めます。
    • 高可用性を設定する予定がある場合には、クラスターの仮想 IP 用に追加の IP アドレスを含めます。
    • 環境のスケーリング用の追加の IP アドレスを範囲に追加します。

    注記

    プロビジョニングネットワーク上で IP アドレスが重複するのを避ける必要があります。 詳しい説明は、「プロビジョニングネットワーク上での IP アドレスの競合の回避」を参照してください。

    注記

    ストレージ、プロバイダー、テナントネットワークの IP アドレスの使用範囲をプランニングすることに関する情報は、ネットワークガイドを参照してください。
  • すべてのオーバークラウドシステムをプロビジョニング NIC から PXE ブートするように設定して、同システム上の外部 NIC およびその他の NIC の PXE ブートを無効にします。また、プロビジョニング NIC の PXE ブートは、ハードディスクや CD/DVD ドライブよりも優先されるように、起動順序の最上位に指定します。
  • director は各ノードの電源管理制御を行うため、オーバークラウドのベアメタルシステムにはすべて、プロビジョニングネットワークに接続された Intelligent Platform Management Interface (IPMI) が必要です。
  • 各オーバークラウドシステムの詳細 (プロビジョニング NIC の MAC アドレス、IPMI NIC の IP アドレス、IPMI ユーザー名、IPMI パスワード) をメモしてください。この情報は、オーバークラウドノードの設定時に役立ちます。
  • 1 つのブリッジには単一のインターフェースまたは単一のボンディングのみをメンバーにすると、Open vSwitch でネットワークループが発生するリスクを緩和することができます。複数のボンディングまたはインターフェースが必要な場合には、複数のブリッジを設定することが可能です。

重要

OpenStack Platform の実装のセキュリティーレベルは、その環境のセキュリティーレベルと同等です。ネットワーク環境内の適切なセキュリティー原則に従って、ネットワークアクセスがしっかりと最小限に抑えられるようにします。以下に例を示します。
  • ネットワークのセグメント化を使用して、ネットワークトラフィックを軽減し、機密データを分離します。フラットなネットワークはセキュリティーレベルがはるかに低くなります。
  • サービスアクセスとポートを最小限に制限します。
  • 適切なファイアウォールルールとパスワードが使用されるようにします。
  • SELinux が有効化されていることを確認します。
システムのセキュリティー保護については、以下のドキュメントを参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。