第2章 要件

本章では、director を使用して Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform をプロビジョニングする環境をセットアップするための主要な要件を記載します。これには、インストーラー自体のセットアップ/アクセス要件や OpenStack サービス用に director がプロビジョニングするホストのハードウェア要件が含まれます。

2.1. 環境要件

最低要件

  • Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform director 用のホストマシン 1 台
  • Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform コンピュートノード用のホストマシン 1 台
  • Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform コントローラーノード用のホストマシン 1 台

推奨要件

  • Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform director 用のホストマシン 1 台
  • Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform コンピュートノード用のホストマシン 3 台
  • Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform コントローラーノード用のホストマシン 1 台
  • クラスター内に Red Hat Ceph Storage ノード用のホストマシン 3 台
以下の点に注意してください。
  • 全ノードにはベアメタルシステムを使用することを推奨します。最低でも、コンピュートノードにはベアメタルシステムが必要です。
  • director は電源管理制御を行うため、オーバークラウドのベアメタルシステムにはすべて、Intelligent Platform Management Interface (IPMI) が必要です。