第4章 オーバークラウドのプランニング

以下の項では、ノードロールの定義、ネットワークトポロジーのプランニング、ストレージなど、オーバークラウド環境のさまざまな面のプランニングに関するガイドラインを提供します。

4.1. ノードのデプロイメントロールのプランニング

director はオーバークラウドの構築に、デフォルトで複数のノード種別を提供します。これらのノード種別は以下のとおりです。
コントローラー
環境を制御するための主要なサービスを提供します。これには、Dashboard (Horizon)、認証 (Keystone)、イメージストレージ (Glance)、ネットワーク (Neutron)、オーケストレーション (Heat)、高可用性サービス (複数のコントローラーノードを使用する場合) が含まれます。Red Hat OpenStack Platform 環境に以下のいずれかが必要です。
  • 基本的な環境にはノードを 1 台
  • 高可用性環境にはノードを 3 台
2 台のノードまたは 3 台以上のノードで構成される環境はサポートされません。
コンピュート
ハイパーバイザーとして機能し、環境内で仮想マシンを実行するのに必要な処理能力を提供するホスト。基本的な Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 環境には少なくとも 1 つのコンピュートノードが必要です。
Ceph-Storage
Red Hat Ceph Storage を提供するホスト。Ceph Storage ホストはクラスターに追加され、クラスターをスケーリングします。このデプロイメントロールはオプションです。
Cinder-Storage
OpenStack の Cinder Service に外部ブロックストレージを提供するホスト。このデプロイメントロールはオプションです。
Swift-Storage
OpenStack の Swift Service に外部オブジェクトストレージを提供するホスト。このデプロイメントロールはオプションです。
本ガイドでは、希望の環境をベースに複数のシナリオを提供しています。以下の表では、各シナリオのノード種別を定義します。

表4.1 各種シナリオに使用するノードデプロイメントロール

コントローラー
コンピュート
Ceph-Storage
Swift-Storage
Cinder-Storage
合計
基本環境
1
1
-
-
-
2
Ceph Storage の高度な環境
3
3
3
-
-
9

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。