第7章 オーバークラウド作成後のタスクの実行

本章では、任意のオーバークラウドを作成後に実行するタスクについて考察します。

7.1. オーバークラウドのテナントネットワークの作成

オーバークラウドには、インスタンス用のテナントネットワークが必要です。source コマンドで overcloud を読み込んで、Neutron で初期テナントネットワークを作成します。以下に例を示します。
$ source ~/overcloudrc
$ neutron net-create default
$ neutron subnet-create --name default --gateway 172.20.1.1 default 172.20.0.0/16
上記のステップにより、default という名前の基本的な Neutron ネットワークが作成されます。オーバークラウドは、内部 DHCP メカニズムを使用したこのネットワークから、IP アドレスを自動的に割り当てます。
neutron net-list で作成したネットワークを確認します。
$ neutron net-list
+-----------------------+-------------+----------------------------------------------------+
| id                    | name        | subnets                                            |
+-----------------------+-------------+----------------------------------------------------+
| 95fadaa1-5dda-4777... | default     | 7e060813-35c5-462c-a56a-1c6f8f4f332f 172.20.0.0/16 |
+-----------------------+-------------+----------------------------------------------------+

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。