第3章 アンダークラウドのインストール

Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 環境の構築では、最初にアンダークラウドシステムに director をインストールします。これには、必要なサブスクリプションやリポジトリーを有効化するために複数の手順を実行する必要があります。

3.1. director のインストールユーザーの作成

director のインストールプロセスでは、root 以外のユーザーがコマンドを実行する必要があります。以下のコマンドを使用して、stack という名前のユーザーを作成して、パスワードを設定します。
[root@director ~]# useradd stack
[root@director ~]# passwd stack  # specify a password
sudo の使用時にはパスワードなしでログインできるようにします。
[root@director ~]# echo "stack ALL=(root) NOPASSWD:ALL" | tee -a /etc/sudoers.d/stack
[root@director ~]# chmod 0440 /etc/sudoers.d/stack
新規作成した stack ユーザーに切り替えます。
[root@director ~]# su - stack
[stack@director ~]$
stack ユーザーで director のインストールを続行します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。