付録A コンポーネント

本項には、director が使用するコンポーネント一覧が含まれています。

共有ライブラリー

diskimage-builder
diskimage-builder は、イメージ構築ツールです。
dib-utils
dib-utils には、diskimage-builder が使用するツールが含まれています。
os-collect-config, os-refresh-config, os-apply-config, os-net-config
インスタンスの設定に使用するツールスイートです。
tripleo-image-elements
tripleo-image-elements は、さまざまなソフトウェアコンポーネントをインストールするための diskimage-builder スタイル要素のリポジトリーです。

インストーラー

instack
instack は、現在のシステム上で diskimage-builder スタイル要素を実行します。これにより、diskimage-builder がイメージビルドに適用するのと同じ方法で、現在実行中のシステムに要素を適用することができます。
instack-undercloud
instack-undercloud は、instack をベースにしたアンダークラウドインストーラーです。

ノード管理

ironic
OpenStack Ironic プロジェクトは、Bare Metal インスタンスのプロビジョニングと管理を行う役割を果たします。
ironic-discoverd
ironic-discoverd は、新しく登録されたノードのハードウェアプロパティーを検出します。

デプロイメントプラン

tuskar
OpenStack Tuskar プロジェクトは、デプロイメントのプランニングを行う役割を果たします。

デプロイメントおよびオーケストレーション

heat
OpenStack Heat プロジェクトは、オーケストレーションツールを提供します。このツールは、OpenStack 環境のリソースを記述する YAML ファイルを読み込み、それらのリソースを希望の状態に設定します。
heat-templates
openstack-heat-templates リポジトリーには、Heat を使用して Puppet 設定のディスクイメージを作成するためのイメージ要素が追加で含まれます。
tripleo-heat-templates
openstack-tripleo-heat-templates リポジトリーには、OpenStack 環境を定義する Heat Orchestration テンプレートの YAML ファイルおよび Puppet マニフェストが含まれています。これらのテンプレートは Tuskar によって処理され、Heat によって実際の環境が作成されます。
puppet-modules
OpenStack Puppet モジュールは、tripleo-heat-templates で OpenStack 環境を設定するのに使用します。
tripleo-puppet-elements
tripleo-puppet-elements は、director が Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform をインストールする際に使用するディスクイメージの内容を記述します。

ユーザーインターフェース

tuskar-ui
OpenStack をインストール/管理するための GUI を提供します。Horizon Dashboard のプラグインとして実装されます。
tuskar-ui-extras
tuskar-ui の GUI 拡張機能を提供します。Horizon Dashboard のプラグインとして実装されます。
python-openstackclient
python-openstackclient は、複数の OpenStack サービスやクライアントを管理する CLI ツールです。
python-rdomanager-oscplugin
python-rdomanager-oscplugin は、python-openstackclient に組み込まれた CLI ツールで、instack インストールと初期設定に関連する機能を提供します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。