Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

2.3. BIOS パラメーターの設定

システムおよび BIOS ベンダーはすべて異なる用語やナビゲーション方法を使用しているため、本セクションでは BIOS 設定に関する一般的な情報のみを説明します。上記の設定を特定できない場合は、BIOS ベンダーにお問い合わせください。
電源管理
システムクロックの周波数を変更したり、CPU をさまざまなスリープ状態にすることで電力を節約しようとすることは、システムが外部イベントに応答する速度に影響を与える可能性があります。
最適な応答時間は、BIOS の電源管理オプションを無効にします。
エラー検出および修正 (EDAC) 単位
EDAC ユニットは、Error Correcting Code (ECC) メモリーからシグナルされたエラーを検出して修正するために使用されるデバイスです。通常、EDAC オプションは、ECC チェックなしから、エラーに関するすべてのメモリーノードの定期的なスキャンまであります。EDAC レベルが高いほど、BIOS にかかる時間が長くなり、イベント期限が切れる可能性が高くなります。
可能な場合は、EDAC をオフにします。それ以外の場合は、最低の機能レベルに切り替えます。
System Management Interrupts (SMI)
SMI は、ハードウェアベンダーによって使用される機能で、システムが正しく動作していることを確認します。SMI 割り込みは通常、実行中のオペレーティングシステムではなく、BIOS のコードにより処理されます。SMI は通常、温度管理、リモートコンソール管理(IPMI)、EDAC チェック、およびその他のハウスキーピングタスクに使用されます。
BIOS に SMI オプションが含まれている場合は、ベンダーと関連ドキュメントを確認して、どの程度無効にしても安全なかを確認してください。

警告

SMI を完全に無効にすることは可能ですが、これを行う必要がないことが強く推奨されます。SMI の生成およびサービス機能を削除すると、ハードウェアに致命的な障害が発生する可能性があります。