Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

6.2. sched_setaffinity() システムコールを使用したプロセッサーアフィニティーの設定

taskset コマンドの他に、sched_setaffinity() システムコールを使用してプロセッサーアフィニティーを設定することもできます。
以下のコードの抜粋は、指定した PID の CPU アフィニティー情報を取得します。これに渡される PID が 0 の場合は、現在のプロセスのアフィニティー情報を返します。
#define _GNU_SOURCE
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <unistd.h>
#include <errno.h>
#include <sched.h>

int main(int argc, char **argv)
{
  int i, online=0;
  ulong ncores = sysconf(_SC_NPROCESSORS_CONF);
  cpu_set_t *setp = CPU_ALLOC(ncores);
  ulong setsz = CPU_ALLOC_SIZE(ncores);

  CPU_ZERO_S(setsz, setp);

  if (sched_getaffinity(0, setsz, setp) == -1) {
    perror("sched_getaffinity(2) failed");
    exit(errno);
  }

  for (i=0; i < CPU_COUNT_S(setsz, setp); i++) {
    if (CPU_ISSET_S(i, setsz, setp))
      online++;
  }
	
  printf("%d cores configured, %d cpus allowed in affinity mask\n", ncores, online);
  CPU_FREE(setp);
}

注記

詳細は、以下の man ページは本セクションに記載の情報に関連しています。
  • sched_setaffinity(2)