Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

3.3. マスク不可割り込み

割り込みは、無効になった場合や、CPU が無視するよう指示されたときに マスクされると考えられます。マスク不可割り込み (NMI) は無視できず、通常は重要なハードウェアエラーにのみ使用されます。
NMI は通常、別の割り込み行で配信されます。CPU が NMI を受信すると、重大なエラーが発生し、システムがクラッシュする可能性が分かります。NMI は通常、問題の原因となった可能性があることを最もよく示しています。
NMI は無視できないため、一部のシステムではハードウェアモニターとして使用されます。デバイスは NMI のストリームを送信します。これはプロセッサーの NMI ハンドラーによってチェックされます。指定された時間後に割り込みがトリガーされないなど、特定の条件を満たす場合、NMI ハンドラーは問題に関する警告やデバッグの情報を生成する可能性があります。これは、システムのロックアップを特定し、回避するのに役立ちます。