Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.2. 相互接続

コア間の相互接続を確認することが重要です。マシンのコア数が増えると、すべてのメモリーへのアクセスが統合されるため、複雑化して負荷が大きくなります。多くのハードウェアベンダーは、NUMA (非汎用メモリーアクセス) アーキテクチャーとして知られるコアとメモリー間の相互接続の透過的なネットワークを提供するようになりました。NUMA システムでは、相互接続トポロジーを把握することで、頻繁に通信するスレッドを隣接コアに配置することができます。