Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第9章 共有メモリー

プログラムスレッドの主な利点の 1 つは、1 つのプロセスコンテキストで作成されたすべてのスレッドが同じアドレス空間を共有することです。つまり、すべてのデータ構造にアクセスできるようになります。ただし、アプリケーションがスレッドを使用することが常に適切とは限りません。この場合、プロセスはアドレス空間の一部を共有する必要がある場合があります。これは、共有メモリー を使用することで、通常のカーネルとリアルタイムカーネルの両方で実現できます。
2 つのプロセス間でメモリー領域を共有する元のメカニズムは System V IPC shmem 呼び出しセットでした。これらの呼び出しは極めて優れていますが、ほとんどのユースケースでは非常に複雑で複雑で複雑です。このため、Red Hat Enterprise Linux for Real Time カーネルで非推奨となったため、使用すべきではありません。
Red Hat Enterprise Linux for Real Time は、shm_openmmap などの POSIX 共有メモリー呼び出しを使用します。

注記

詳細は、以下の man ページは本セクションに記載の情報に関連しています。
  • shm_open(3)
  • shm_overview(7)
  • mmap(2)