Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第16章 詳細情報

16.1. バグの報告

バグの診断

バグレポートを作成する前に、以下の手順に従って、問題発生場所を診断します。これにより、問題解決に大きくサポートします。

  1. 最新バージョンの Red Hat Enterprise Linux 7 カーネルがあることを確認してから、GRUB メニューから起動します。問題を標準カーネルで再現してみてください。問題が解決しない場合は、Red Hat Enterprise Linux 7 にバグを報告してください。
  2. 標準カーネルの使用時に問題が発生しなかった場合は、Red Hat Enterprise Linux for Real Time 固有の機能拡張 Red Hat がベースライン (3.10.0) カーネルに適用したバグにより、バグにより変更が加えられる可能性があります。
バグの報告

バグが Red Hat Enterprise Linux for Real Time に固有であると判断した場合は、以下の手順に従ってバグレポートを入力します。

  1. Bugzilla アカウントがまだない場合には作成します。
  2. Enter A New Bug Report をクリックします。必要な場合はログインします。
  3. Red Hat 分類を選択します。
  4. Red Hat Enterprise Linux 7 製品を選択します。
  5. カーネルの問題である場合は、コンポーネントとして kernel-rt を入力します。それ以外の場合は、影響を受けるユーザー空間コンポーネントの名前を入力します。
  6. 問題を詳細に説明して、バグ情報の入力を継続します。問題の説明を入力する際には、標準の Red Hat Enterprise Linux 7 カーネルで問題を再現できるかどうかの詳細情報が含まれるようにします。