Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第13章 Mmap

mmap システムコールでは、ファイル (またはファイルのパーツ) をメモリーにマップできます。これにより、メモリー操作でファイルコンテンツを変更でき、システムコールや入出力操作を回避できます。
ディスクへの変更を常に同期し、データが失われる可能性のあるプロセスのハングを計画します。

注記

詳細は、以下の man ページと書籍は本セクションに記載の情報に関連しています。
  • mmap(2)
  • Linux System Programming』 by Robert Love