Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第1章 概要

atomic コマンドラインツールは、Atomic Host システムおよびコンテナーを管理するための容易な方法を提供します。これは、システムへの高レベルで一貫したエントリーポイントを提供し、スーパー特権コンテナーや他のデバッグツールなどの、特殊なタイプのコンテナーと対話することを容易にします。

installuninstallmountunmountrunstop などのサブコマンドの一部は、コンテナーイメージに指定される特殊な LABEL 命令を使用します。この LABEL 命令は、該当コマンドの実行メソッドを提供します。たとえば、atomic runLABEL RUN 命令を読み込み、そこに指定されるコマンドを実行します。これにより、提案される値を指定してそれぞれのイメージを送付するのが容易になり、また実行される複雑な Docker コマンドが単純化されます。このフィールドがイメージに存在しない場合、コマンドは所定のデフォルトオプションと共に実行されます。

RHEL Atomic Host は atomic がプリインストールされた状態で出荷されますが、これは Atomic 以外のシステムにもインストールできます。この場合、Yum を使って必要なパッケージをインストールします。

# yum install atomic rpm-ostree
注記

atomic CLI の man ページは RHEL Atomic Tools コンテナーでは利用できません。参照資料として本書を使用するか、または atomic --help コマンドを使って組み込みヘルプを使用してください。