Menu Close

9.3. DNS ホスト名の正規化を有効にしてホスト名を使用するためのオプション

クライアントのサービスプリンシパルでのホスト名の正規化の有効化 の説明に従って、/etc/krb5.conf ファイルに dns_canonicalize_hostname = true を設定すると、サービスプリンシパルでホスト名を使用する際に、以下のオプションがあります。

  • Identity Management (IdM) 環境では、host/demo.example.com@EXAMPLE.COM などのサービスプリンシパルで完全なホスト名を使用できます。
  • IdM がない環境では、RHEL ホストを Active Directory (AD) ドメインのメンバーとする場合に、AD ドメインコントローラー (DC) が、AD に登録されているマシンの NetBIOS 名のサービスプリンシパルを自動的に作成するため、これ以上考慮が必要な事項はありません。