Menu Close

2.12. IdM CLI でのゾーン転送の有効化

本セクションでは、IdM コマンドラインインターフェース (CLI) を使用して、Identity Management (IdM) でゾーン転送を有効にする方法を説明します。

前提条件

  • IdM 管理者としてログインしている。
  • セカンダリー DNS サーバーへの root アクセス権限がある。

手順

  • BIND サービスでゾーン転送を有効にするには、ipa dnszone-mod コマンドを入力し、ゾーンレコードの転送先となる転送予定ゾーンに含まれないサーバー名の一覧を --allow-transfer オプションを使用して指定します。以下に例を示します。

    $ ipa dnszone-mod --allow-transfer=192.0.2.1;198.51.100.1;203.0.113.1 idm.example.com

検証手順

  1. ゾーン転送が有効な DNS サーバーの 1 つに SSH 接続します。

    $ ssh 192.0.2.1
  2. dig ユーティリティーなどのツールを使用して、IdM DNS ゾーンを転送します。

    # dig @ipa-server zone_name AXFR

コマンドでエラーが返されない場合は、zone_name のゾーン転送が正常に有効化されています。