Menu Close

4.8. IdM クライアントが同じ場所にある IdM サーバーを使用するように設定する手順

Identity Management (IdM) サーバーは、「IdM Web UI を使用した DNS の場所への IdM サーバーの割り当て」で説明されているように、DNS の場所に割り当てます。これで、IdM サーバーと同じ場所にある DNS サーバーを使用するようにクライアントを設定できます。

  • DHCP サーバーが DNS サーバーの IP アドレスをクライアントに割り当てる場合は、DHCP サービスを設定します。DHCP サービスで DNS サーバーを割り当てる方法は、DHCP サービスのドキュメントを参照してください。
  • クライアントに DHCP サーバーから DNS サーバーの IP アドレスが割り当てられない場合は、クライアントのネットワーク設定で IP を手動で設定します。Red Hat Enterprise Linux でネットワークを設定する方法は、『Red Hat Enterprise Linux ネットワークガイド』の「ネットワー接続の設定」セクションを参照してください。
注記

別のロケーションに割り当てられた DNS サーバーを使用するようにクライアントを設定すると、クライアントは両方の場所にある IdM サーバーに接続します。

例4.3 クライアントの場所により変化するネームサーバーエントリー

以下の例は、場所が異なるクライアントの /etc/resolv.conf ファイルにあるさまざまなネームサーバーエントリーを示しています。

プラハのクライアント:

nameserver 10.10.0.1
nameserver 10.10.0.2

パリのクライアント:

nameserver 10.50.0.1
nameserver 10.50.0.3

オスロのクライアント:

nameserver 10.30.0.1

ベルリンのクライアント:

nameserver 10.30.0.1

各 DNS サーバーが IdM の場所に割り当てられている場合に、クライアントはその場所にある IdM サーバーを使用します。